こんにちは、たっちーです。 先日イケハヤさんがこんなことを言っていました。
サラリーマンはどれだけがんばっても、努力の結果が自己資産になりません。会社やめたら売上ゼロ。転職したらしたで、働き続けないといけません。 僕ら事業家は違います。自分の事業が成功すれば、寝ててもお金が入ってきます。 サラリーマンの努力は資産にならない。まだ労働で消耗してるの?
基本的にイケハヤさんの考えは賛成なのですが、サラリーマンの努力が資産にならないのは嘘ですね。資産になる仕事はある。 田端さんとかめちゃくちゃ資産になってるじゃないですか。 サラリーマンの仕事には、個人の資産になるものと会社の資産になるものがあって、ここを意識して仕事を選ぶか選ばないかで大きく変わってくるんです。 田端さんのブランド人になれ!が参考になるので、少し引用しますね。
コンサルティング会社の仕事はどんなに企業の成長に貢献しても、自分個人の仕事として語れない。十分な給料がもらえるかもしれないが、その実績は陰に隠れてしまう。カネ以外の功績は企業に全部吸い取られてしまう。それでは何の意味もない。手に入れるべきはカネより信頼だ。クレジットや署名のないところにブランドは決して築かれない。 君たちは、これから田端信太朗のようなブランド人になろうとしているのだ。ならばブランド人として仕事の爪痕を、社会という碑に刻んで歩け。そういう仕事を選び取れ。 碑に名前を刻んでおけば、やがてより魅力的なオファーが舞い込んでくるはずだ。プロジェクトには自分の名前を刻み込め。
目の前の評価や給料のために働くと、どうしても会社の資産のために働くことになってしまいます。 だから、仕事は選ぶべき。 プロジェクトに自分の名前を刻める仕事をやることで、それが資産となり、転職するときや起業するときに活かすことができます。 また個人の資産になる仕事を成功させれば、会社のためにもなります。winwinの関係ですね。 なので、「サラリーマンの努力は資産にならない」からって言って、サラリーマンを辞めるのではなく、サラリーマンの立場を利用してどんどん資産を築いていきましょう! サラリーマンをやりながら資産を築いていって、個人でやりたいことができたら、独立したらいいんじゃないですか。 コツコツやっていきましょうよ!

SPONSORED LINK