こんにちは、たっちーです。

最近、SRの前田さんの密着取材の番組を見なおしていたんですけど、めっちゃ勉強になったので忘れないように、心に残った部分を書き起こしました。
う=植岡さん(プロデューサー)
ま=前田さん
ほ=堀江貴文さん


僕たちは福山雅治じゃないんだ理論

ー登壇前ー

う:緊張しますか?

ま:もう緊張することないですね。毎日登壇してるので。秋元康さんが良く言うんですけど、「僕たちは福山雅治じゃないんだ理論」があって。

う:なんですか。それ。

ま:福山雅治だったらわかる。みんな僕らの一挙一動を気にするじゃないですか。でも実際は誰も気にしてないし、誰も期待してないよと。


稼げば稼ぐほど幸せになるのは3000万円

う:ぶっちゃけ、今年収いくらくらいですか?

ま:全然低いですよ

う:え、もともと証券会社ですよね?本読みましたけど、億までいかないまでも・・・

ま:そうっすね。証券会社の時は、年収勝負なんで。だんだん気づいてきたんですけど、自分の給料が増えても、あるところまですっごい幸せが増えるんですけど、あるところから急に感度が鈍くなってくるんですよね。

う:なるほど。ちなみに感度が低減するのはいくらくらいなんですか?

ま:3000万くらいかな。でも全然少ないですよ。なるべく多くの利益を出して、会社の企業価値を上げていきたいというフェーズなんで。


体の寿命よりも早くくる心の寿命

ま:子供みたいですよね。堀江さんとか。

う:お仕事も遊びみたいにやってるとおっしゃってましたけど、それで成功してるからすごいですよね。

ま:そういう風に変わってきているんですよ。仕事で仕事のようにやっている人よりも、遊びのように仕事を熱中してやっている人の方がより信頼とか共感を集めやすい世の中になっているんですよ。

う:なるほど。今そこまでできるものがないなって思っているんです・・・

ま:今TVの番組を作ったりするのはダメなんですか?

う:楽しいんですけど・・・

ま:熱中はしてない?

う:熱中はしてないなって思いますね・・・

ま:決めた方がいいんじゃないですか?もう他の仕事はやらないと。一番面白いTVを作るんだみたいなことで決めるか、そうじゃない何か自分が熱中できることを探すために、いったん離れてみるか。

う:はい。 ま:でもこれほんと難しくて。今日もこうやって取らないといけないじゃないですか。仕事がこうやって走っていると考えられないと思うんですよ。

う:はい。

ま:体の寿命よりも早く訪れるかもしれない寿命があって、他に心の寿命ってあると思うんですよ。植村さんもう心の寿命が尽き始めているのかもしれない。

う:そうかもしれないです。

ま:僕だったらどうするかな・・・休むなあ。2ヶ月くらい。

う:仕事を?

ま:仕事を。

う:休んでどうしますか?

ま:一人でペルーとかに行きます。

う:ペルー???

ま:はい。南米とか言葉も通じないし、文化も全然違う、異国の地に行きます。んで内省する。何が幸せだったんだっけ?一番わくわくした瞬間って何なんだっけ?とか自分がたまたま地球の裏側のペルーで生まれたらどうだったんだっけ?とかそう言うのを考える時間って日々のなかでは持てないじゃないですか。


人生の目標は深田恭子

ほ:何がやりたいの?なんかないの?

う:それがないんですよ。

ほ:絶対あるでしょ。この理論でいうと絶対自分はできないと思い込んでいる。最初から。

う:あ〜。

ほ:芸能人誰好き?

う:深キョンですね。

ほ:いいじゃん。付き合えばいいじゃん。

う:え。

ほ:付き合いたい?

う:付き合いたいです。

ほ:じゃあ付き合えよ。それが人生の目標だよ。お前の次の目標は深田恭子です。    

SPONSORED LINK