僕は意識して定期的にコンフォートゾーンから抜け出すことを決めています。

なぜなら自分にとってメリットが大きいから。

ということで、今回はコンフォートゾーンから抜け出すメリットを紹介します!


そもそもコンフォートゾーンとは?

コンフォートゾーンとは、簡単にいうと不安にならない範囲のことを表します。

通勤する。ツイッターを眺めるなど、いつもやっていることを想像してみてください。
不安になったり、心配になったりしないですよね。
それはコンフォートゾーンの中だからです。

逆にコンフォートゾーンから抜け出すと、とても不安になったり、恐怖を感じたりします。

非日常なことに挑戦しようとすると不安になったりするあれです。

僕がコンフォートゾーンを抜け出したなって感じた実例をあげるとこんな感じ

  • 名古屋から四国、九州までヒッチハイク
  • 地方創生系のプロジェクトに参加
  • ヒップホップカルチャーの強いRedBullで働く
  • 無経験での音楽イベントの主催

【関連記事】
ヒッチハイクの旅1日目「名古屋→福岡」
「KINAIYO!」少しだけ地方が好きになったかも。

僕と話したことのある人だったら分かると思うのですが、どれも苦手だったり、嫌いなことでした。
だからこれらを経験している時は、不安でいっぱいでしたし、とてもエネルギーを使いました。


IMG_3239 2
コンフォードゾーンから抜け出した思い出の一枚


コンフォートゾーンを抜け出すメリット

これだけ聞くとコンフォートゾーンから抜け出すことは、ただ心身共にボロボロにすることだと思ってしまうかもしれませんが、それは違います。ちゃんとメリットがあるので紹介していきます。

■自分の世界を広げてくれる


コンフォートゾーンを抜け出すと、今まで自分の中にはなかった価値観に触れることができます。
僕の場合、地方やヒップホップのことを愛している人たちのお話をたくさん聞くことができ、それらの見え方が180度変わりました。

自分の知らない価値観や世界に出会うことができ、楽しみも増えますし、考え方の幅も広がる。

自分がその価値観等に賛同していなくても、理解しているのとしていないのとではアウトプットも変わってきます。

コンフォートゾーンを抜け出すことは、自分の狭い世界を少しずつ広げてくれる効果があるのです。

■チャンスを掴むことができる確率がぐっと上がる

コンフォートゾーンを意図的に抜け出していると新しいことへチャレンジするハードルを下げることができます。

これは堀江さんもおっしゃっていて、堀江さんは年に数回は新しいことにチャレンジをすることを決めているそうです。
最近だとR-1出場とか挑戦してましたよね。

なんで堀江さんは新しいことにチャレンジするのかというと、いくつか理由はあると思うのですが、一つが新しいことにチャレンジすることが怖くならないようにするためと言っていました。

チャンスを掴むためには、挑戦し続けないといけません。
でも挑戦ってエネルギーがとても必要なので避けてしまいがち。

だけど普段からコンフォートゾーンを抜け出すことをしている人は、挑戦することに対してハードルが下がっているので挑戦しやすくなります。

挑戦すれば必ずしもチャンスを掴むことができるわけではないが、挑戦しないとチャンスは掴めません。

そのためにも挑戦へのハードルを下げることは大切です。

新しいことに挑戦することが苦手だなと思っている人は、チャレンジすることを習慣化させるためにコンフォードゾーンから抜け出すことを意識するといいかもしれません。

小さいことからやっていきましょう!!!


最後に

コンフォートゾーンから抜け出すことは簡単ではないです。
ダンスをやってみるとか歌ってみるとか釣りにいくとか小さなことからはじめてみることをオススメします。

これらをやることって好きな人からしてみると簡単ことだと思うかもしれませんが、やらない人からしたらめっちゃ大変なので、コンフォートゾーンから出てるわ〜って実感すると思います。

僕も頑張ります。共に頑張りましょう!


あと調べてたら、RedBullの記事があったので貼っておきます!

コンフォートゾーンから抜け出す方法

今年は少し自分を成長させたいと考えているなら、自分を枠の外へ出す必要がある。英国人冒険家がその方法を教えてくれた。




SPONSORED LINK