高嶋監督の心残り「大阪桐蔭倒せなかった」 後任に託す:朝日新聞デジタル

監督として甲子園最多の通算68勝を挙げ、春夏3度の優勝を果たした智弁和歌山の高嶋仁(ひとし)氏(72)が25日、勇退を発表した。24日付で名誉監督に就き、後任の監督には同校OBで阪神などでプレーした中谷仁(じん)コーチ(39)が就任した。 ...



智弁和歌山の高嶋監督が勇退することを発表しました。
甲子園であの仁王立ちをもう見れなくなると思うと、本当に寂しくなりますね。

20090309_574711

ということで今回は智弁和歌山についてサクッと語っていきます。

個人的に智弁和歌山といえば、左の好投手が多いという印象です。
僕が甲子園を見始めた2009年には岡田くん(現中日)や2010、2011年の青木くん、2013年の吉川くんなどが活躍されました。懐かしい、、、

生まれ変わったら、左ききになって智弁和歌山でエースになりたいと何度思ったことか。
それくらい智辯の左投手は印象的で大好きでした。

また智弁和歌山出身の方から聞いた話ですが、野球部に入部する人数は毎年10人と決められているそうです。
智弁和歌山は県内屈指の進学校ですが、毎年選ばれた10人だけは学力とか関係なく入学することができるらしいです。

毎年30人の中からメンバーを選び、チームを作ってくる高嶋監督はすごいなって毎年感じさせられます。


そして智弁和歌山を語る上で忘れてはいけないのが、魔曲「ジョックロック」



この曲が流れると何かが起きるのではないかと思わされる魔曲。
数々の逆転劇を生み出してきました。

今年花咲徳栄も使ってましたが、やっぱりジョックロックは智辯だなと思いましたね。


ここ数年は打倒大阪桐蔭を掲げておりましたが、勝つことができずに勇退することになりました。
この意思を引き継いで、これから先も智辯らしい野球を甲子園で見せてくれることを願っています!


本当にお疲れ様でした!!!
 

SPONSORED LINK