大阪桐蔭アルプスから今年の甲子園のテーマ曲である嵐の「夏疾風」が聞こえました。

おそらく「夏疾風」を応援に使っているのは大阪桐蔭だけのはず。
スピード感がえぐいです。

普通楽譜を作り、音を合わせるだけでも相当な時間がかかるはずなのに、今年のテーマソングをもう形にして甲子園で披露している。

さすが大阪桐蔭のブラバンです。

やっぱり仕事と同じで、実力のある人はやることが早い。
量は質に転化していくものなので、より実力がつくという好循環が生まれているんだろうなと思いました。


とりあえず、早くたくさん取り組むことが大切。


大阪桐蔭のブラバンから学ばせてもらいました。

頑張りましょう。



SPONSORED LINK