IMG_6251
堀江さんの大ヒットビジネス書「多動力」の漫画版が出たということで、早速読んでみました!

漫画化して圧倒的に読み終えるスピードが早くなった

まず読んだ感想ですが、漫画になったことで読み終えるスピードが圧倒的に早くなりました。
多動力も読みやすかったのですが、やっぱり漫画だと違いますね。

絵が入るだけで、全然変わってくるなという印象を受けました。

まさに多動力が必要となってくるこれからの時代には、時間の節約ができる漫画はもっと価値を発揮していくのだろうなと思います。

普段ビジネス書を読まない人も漫画版は、読みやすくかつ分かりやすいので読んでみてください!!


舞台は無人島!?

世界で活躍する料理人という夢見ていたけど、就活のタイミングで夢なんて叶うわけがないと決めつけ、なんとなくメーカーに務める鈴木。
この会社で生き残るために「言われたことを、言われた通りにやる。」そんな代わり映えのない日々を送っていると、ある日突然会社のビルごと無人島にワープしてしまったところからこの物語が始まる。
IMG_6277
現在地不明、食料もない、絶対絶命のサバイバルを余儀なくされる鈴木たち。


そんななか積極的にサバイバル生活を送っている男がいる。
それは営業ナンバーワンの堀口だ!
堀口はサバイバルのスペシャリストでもなんでもないが、多動力という武器を使い次々と困難を乗り越えていく。

そんな堀口から鈴木がいろんな大切なこと学んでいく物語となっている。


見切り発車は成功のもと
IMG_6213



原液を作れば寝ている間も分身が勝手に働いてくれる

IMG_6214



恥をかいた分だけ自由になれる

IMG_6215


行動しないと意味がない

ベネッセの漫画と同じで、やっぱりこの漫画もハッピーエンドで終わる。
多動力によって幸せになる展開なんて、誰だって読む前から分かる。

だからマンガ版多動力を読んで、面白かったで終わるのは本当に勿体無い。

読んで行動するまでがセットにならないと意味がないのです。

普段ビジネス書は難しそうで読む気が出ない人は、まずこのビジネス漫画である多動力を読んでみてください!もう読んだよっていう人はすぐに行動に移していきましょう!

マンガで身につく 多動力 (NewsPicks Comic)
堀江貴文
幻冬舎コミックス
2018-03-01