こんにちは、たっちー(@ktachiii)です!

「エンタメ」の夜明けという本を読みました。
image

内容の紹介

小谷正一氏、堀貞一郎氏という2人のプロデューサーを軸に、日本のエンターテインメントビジネスの草創期から、東京ディズニーランド誕生までを追うノンフィクション。

2人が魅せられた、ウォルト・ディズニーという巨人にもスポットを当てながら、究極のテーマパーク招致に奔走し、成し遂げるまでを描きます。

エンタメ業界黎明期、ラジオでもテレビでも万博などのビッグイベントでも、手探りで市場を切り拓いてきた男たち。その彼らの心を捉えて離さなかった、ウォルト・ディズニーの偉業。彼らの思いが、やがて世界を席巻する「テーマパーク」というビジネスとして花開きます。ときに破天荒に、ときに緻密に、「夢」を形にしていく姿は、まさに痛快。物語として楽しめるだけでなく、あらゆるビジネスマンに勇気とヒントを与える一冊です。

引用:Amazon

この本を読むと日本人のおもてなしの凄さを実感することができます。

また、こんな人たちがいたから今の日本があるんだなと思いましたし、僕ら若者がこれからの日本を頑張って引っ張っていかないといけないなと思いました。

マジで名作です。鳥肌立ちますよ。

今回は、この本に書いてあるおもてなしエピソードをいくつか紹介します!

なんでも出てくるマジックボックス

移動中のリムジンバスの中に入っている小さな冷蔵庫。
それはただの冷蔵庫ではなく、お客様が欲しいものが必ず入っている魔法の冷蔵庫になんです。

ネタバレするとお客様の好きな飲み物を事前に聞いておいて、小さな冷蔵庫にあらかじめ全て入れておくんです。

そうすることで、お客様が飲みたいと注文したものを必ず提供できるという魔法の冷蔵庫が完成します。

なんで小さな冷蔵庫から全部出てくるのかというエンターテイメントとして楽しめますし事前に準備していたということが伝わる方法。

まさにおもてなしの極意だなと思いました。

女性への最高なプレゼント

「女性が買い物をするとき、ふたつのうちどちらもしようか迷うときが必ずある。
迷って捨てた方を全部記録してこい。」

と小谷さんは部下にそう伝え、お客様の夫人の買い物に部下を同行させ、メモさせたそうです。
そして帰国する際に、迷って買わなかったものが全て入っている箱をプレゼントしたそうなんですね。

迷って捨てたものって全て欲しいものじゃないですが。

だから必ず喜ばれる。こんな嬉しいプレゼントはないですよね。

圧倒的なお客様目線

これはウォルトディズニーの話です。

ディズニー開園数ヶ月後もウォルトは、しばしばメインストリートにあるレストランで客にアイスクリームを盛っていたらしいです。
そしてウォルトはアイスクリームを渡すたびに客に「楽しんでますか? お好きな乗り物は? 何か直した方がいいと思うことはありますか?」と訪ねていたらしいんですね。

生の声を聞く。

このような圧倒的な客目線で物事を考えるウォルトが考えた発想を一部紹介します。

①水飲み場は最大の娯楽

ディズニーの水飲み場には180度反対の方向を向いたノズルがつけられていたそうです。

なぜ、反対方向につけられていたのか。ウォルトはこう答えています。

「飲料スタンドまで行かずに水飲み場で水を飲むというのは、そのお客様がよほど喉が乾いている証拠です。カラカラに乾いた喉を水で潤す時、ペコペコに空いたお腹を食べ物で満たす時、つまり欠けていた生存欲求が満たされた時、人間は一番いい表情をします。その一番いい表情をを親子で共有できるなんて、最大の娯楽じゃないですか」と。

②周りの意見を無視してピノキオの鼻を丸くさせた
「映画が大ヒットしたら無許可のグッズが全米に出回だろう。そのとき、ピノキオの鼻が尖っていたら、子供にとって危険じゃないか」ということでピノキオの鼻を丸くさせたらしいです。

③ディズニーの紙吹雪は丸い
紙吹雪はふつう、紙を三角や四角に切って作るものだがディズニーは違う。
地面に落ちて重なった時にミッキーマウスのシルエットに見えるかもしれないので、ディズニーの紙吹雪は丸でできているんですって。


以上がおもてなしエピソードでした!

昔の成功者の圧倒的なおもてなしでは、本当に感動しました。
これから僕は社会人になりますので、参考にしていきたいですね!

またこのようにこの本はおもてなしの極意が学べ、昔の人がどれほど頑張っていたかが伝わる一冊となっています。

間違いなくモチベが上がるので、気になる人はぜひ読んでみてください!