こんにちは、たっちーです!

今日は、待ちに待ったドラフト会議です。
Summer_Koshien_2009_Final

ドラフトは高校野球ファンの僕にとっても、応援してきた球児たちの進路が決まる注目のイベントです。

今回は、僕が個人的に注目しているドラフト候補の高校生を紹介したいと思います。

  • 石川翔(青藍泰斗)
高校生No.1投手の評価を受けている151キロ右腕。夏の大会では、栃木県大会準決勝で作新学院に破れてしまい甲子園に出場することはできなかった。フィリピン人の母をもつハーフ。

  • 田浦文丸(秀岳館)
Max148キロの伸びのあるストレートと質の高いチェンジアップが魅力の左腕。U-18日本代表に選ばれ、U-18W杯ではベストナインに選出された。

  • 山本拓実(市西宮)
167cmという小柄な右腕。Max148キロの威力のあるストレートが最大の武器。また多彩な変化球を持っていて制球も良い。最後の夏は準々決勝で報徳学園に破れてしまい甲子園に出場することはできなかった。

  • 増田珠(横浜)
U-15W杯では、4番を務めた逸材。3年夏の神奈川県大会では、大会タイ記録の5本塁打を放った。また長打力だけでなく、圧倒的な出塁率の高さが魅力。

  • 伊藤康祐(中京大中京)
50m5秒のスピードと高校通算21号の打力を備えてる中京のリードオフマン。また外野も内野も守れる。中学時代には世界大会でMVPをとったり、U-18日本代表に選ばれる素質の持ち主。

以上が個人的に注目している選手です!

高校生のころから応援していた選手がプロの舞台で活躍しているととても嬉しいし、楽しいのでみんな選ばれるといいな



SPONSORED LINK