みなさん、何度も何度も読んでいる本ってありますか?

僕はあります。
それは、堀江さんの代表作「ゼロ」です。
image

今回は、僕が何度も何度も読んでいる「ゼロ」から特に勉強になった部分をピックアップして紹介します。

失敗して失うことなんて、たかが知れている。なによりも危険なのは、失うことを怖れるあまり、一歩も前に踏み出せなくなることだ。
人生にマイナスは存在しない。失敗しても、再びゼロというスタート地点に戻るだけ。
一歩も踏み出せないことは、ずっとゼロ地点にいることと同じ。
だから、とにかく一歩踏み出すことが大切。

結局これは、女の子を前にしたときの「自信」の問題なのだ。そして僕には、自信を形成するための「経験」が、圧倒的に不足していたのだ。
経験とは、経過した時間ではなく、自らが足を踏み出した歩数によってカウントされていくのである。
これは堀江さんが大学生になったばっかりのとき、女の子と上手く話せなかったという話。女の子と話すという経験が不足していたため、自信がなく上手く話せなかったのだ。

何かやりたいこと、叶えたいことがあっても行動に移せない人は、自信が足りないから。

自信が足りないからといってだらだらと時間を過ごしても、何も経験は得られない。

自信=経験(踏み出した歩数)

であるから
小さな勇気を振り絞り、自らの意思で一歩前に踏み出すことが大切。

チャンスを見極める目なんて、必要ないのだ。少しでもおもしろいと思ったら、躊躇せず飛び込む。そうしないと、せっかくやってきたチャンスは流れる桃のように過ぎ去ってしまう。
昔話の『桃太郎』は、川で洗濯をしていたおばあちゃんが奇妙な桃と怖がらず、洗濯中だと無視もせず、飛びついたところから始まる。チャンスは誰にでも平等に流れてくる。目の前に流れてきたチャンスに躊躇なく飛び込むことができるかが問題。

成功している人は、圧倒的にチャンスに飛びつく力がすごい。
この力は特別な力ではない。「ノリのよさ」ただそれだけ。

SPONSORED LINK

やってもいないうちから「できっこない」と決めつける。自分の可能性にフタをして、物事を悲観的に考える。自分の周りに「できっこない」の塀を築き、周囲の景色を見えなくさせる。
逆にいうと「できっこない」というフタさえ外してしまえば、「やりたいこと」なんて湯水のようにあふれ出てくるのだ。
ものごとを「できない理由」から考えるのか、それとも「できる理由」から考えるのか。
「できる理由」から考えれば、今の状態からできるためには何が必要か逆算できる。
そうすれば、自然とやりたいこと、やらなけらばいけないことが湯水のように溢れ出してくる。

10の信用があれば、100のお金を集めることができる。
けれども、100のお金を使って10の信用を買うことはできない。
終電を逃したとき、誰かが家に泊めてくれる。お金がないとき、誰かが奢ってくれる。
これは、信用があるから「宿泊代」「食費代」を集めることできたということである。

逆にお金で信用を買うことができるだろうか?

お金目当てですり寄ってくる人間は多いだろうが、信用を買えるというと微妙だと思う。

⭕️ 信用→お金  ❌ お金→信用

だからお金を稼ぐより、信用を稼ぐことの方が価値がある。
これからは評価経済社会って言われてますしね。

インターネットの普及によって、アイデアの価値はどんどん均一化されてきている。アイデアは頭の中からひねり出す時代から、インターネットで検索し、組み合わせる時代になっているのだ。そこで勝負を分けるのが、スピードと実行力である。
今の時代、全くの0から生まれるアイデアなんて存在しない。
例えばIoTなんかは、インターネットとモノの組み合わせである。

そんな時代で大切なのは、スピードと実行力。誰よりも早く実行し、形にした人だけが評価される。
行き当たりばったりだと笑われても、勝手に言わせておけばいい。誰よりも早く動き出し、かたちにしてしまおう。



一歩が踏み出せない人は、ぜひこの本を読んでみてください。
そして小さなイチを足して行きましょう!