たっちーの日記

通勤の時間にサクッと読める記事書いてます。

破天荒フェニックスを読みました。

IMG_7639


僕は小学生のころからメガネをかけているのですが、全然メガネにこだわりがなく、メガネ業界のことなんて全く知りませんでした。

もちろんOWNDAYSのことも知らなかったです。
今までメガネなんてどこでもいいやって思っていましたが、次メガネを買う時はOWNDAYSにします。

そう思わせてくれる一冊でした。

2008年2月。小さなデザイン会社を経営している田中修治は、ひとつの賭けに打って出る。それは、誰もが倒産すると言い切ったメガネチェーン「オンデーズ」の買収――。新社長として会社を生まれ変わらせ、世界進出を目指すという壮大な野望に燃える田中だったが、社長就任からわずか3カ月目にして「死刑宣告」を突き付けられる。しかしこれは、この先降りかかる試練の序章にすぎなかった……。

この本は田中さんが社長になった2008年から2015年までの8年間について書かれているのですが、本当に8年間に全部起きた出来事なのかな?と思うほどの出来事が次々と起こります。

資金ショートや部下の裏切り、取引先とのトラブル、新店舗立ち上げの失敗などあらゆる試練が押し寄せてくる。

しかも自分自身は逃げ出せる状況であるにも関わらず、田中社長はどんな状況になっても希望を捨てることなく前に進み続ける。

現在、挑戦している人やこれから挑戦しようと思っている人は、絶対に読んだ方がいいです。

希望を捨てる事なく前向きに進んで行けば道が開ける、そんな気持ちにさせられますし、共感する人も多いはずです。

どんな状況でも前に進むことの大切さを学ぶことができ、勇気を貰えた一冊でした。



2016年マカヒキ14着
2017年サトノダイヤモンド15着、サトノノブレス16着

僕が競馬にハマってからの日本馬の凱旋門賞での成績です。

マカヒキは最強世代と呼ばれた世代のダービー馬として挑み、サトノダイヤモンドはキタサンブラックを有馬記念で破り、現役最強馬の称号を得て挑みましたが、結果は惨敗。

ドバイやそのほかのヨーロッパのレースでは、日本馬がちょくちょく勝てたりしているので、世界との差はほとんどないと思っていましたが、この凱旋門賞で世界の壁を思い知らされました。

2018年は武豊とクリンチャーが凱旋門賞に挑む!

今年はクリンチャーが凱旋門賞に挑みます。
鞍上は武豊!

スクリーンショット 2018-10-07 13.58.44

今回挑戦するクリンチャーは日本でもG1で勝てておらず、今回は格上に挑戦するという形になります。
まあこれくらいの方が、海外の馬たちにマークされることなくレースを運べると思うので、逆に一発あるかもしれません。

オブライエン厩舎なんて、今年も5頭出しですからね・・・
去年の覇者エネイブルは今年もマーク厳しそう・・・


武豊が絶好調!

武豊騎手は現在フランスのレースの参加しているのですが、5日は、サンクルー競馬場で2レースに騎乗。結果は1着、4着。そして昨日凱旋門賞の舞台でもあるパリロンシャンで騎乗したレースでは、人気薄の馬を2着に持ってきたりと好調をキープしています。

クリンチャーの調子も上がってきているとのことなので、本当に一発あるかもしれませんね!!!

競馬は実力だけなく、運の要素が非常に大きい。
当日の馬の状態。馬場状態。レース展開。

いろんな要素がレースには含まれています。
何が起きるか分かりません。

凱旋門賞の発走時刻は日本時間10月7日23時05分。

みんなで応援しよう。

宮崎と首都圏のU29が出逢うプロジェクト「KINAIYO!」に参加してきました。

IMG_7532
「KINAIYO」は宮崎と首都圏のU29の出逢いとつながりをつくるプロジェクトです!日常から離れた場所で普段話さない人との交流を通じて、自分と向き合い自分らしく生きる一歩をつくりたい。そして、彼らにとって宮崎が特別な場所になり、その先も宮崎とつながっていく人が増えてほしいという想いで立ち上げました。
https://faavo.jp/miyazaki/project/2893

今まで地方と全く縁のない人生を歩んできた僕

僕は名古屋で生まれ育ち、祖父母の家も名古屋にあることから、今まで地方と全く縁のない人生を歩んできました。

地方にはたまに旅行で行く程度。

正直、地方にはどんな人が住んでいて、どんな取り組みを行っているのかなんて、何も知らなかったですし、興味もなかったです。

「なんで地方創生に取り組んでいる人がいるんだろう?」「なんで地方に残っているんだろう?都会で出てこればいいのに」って思っている自分がどこかにいたことは否定できません。
いや否定ができないどころか完全に思ってました。(ごめんない)

そんな感じで地方のことを何も知らず、なんとなく苦手意識を持っていた僕でしたが、お世話になっている先輩に誘っていただき、KINAIYO!に参加して地方に対するイメージがガラッと変わりました。

DSC_5497
青島


みんな地方が大好き

KINAIYO!で出逢った人たちは、宮崎から宮崎の魅力を発信している人や外から宮崎を盛り上げたいと思って行動している人、宮崎以外の地方と共に生きている人たち。

普段こういったバックグラウンドを持った人たちとお話する機会がないのでとても刺激的な時間でした。

DSC_6097
飫肥城


そして話して分かった出逢った人たちの共通点は、みんな地方(地元)が大好きで、地方の可能性を信じているということ

僕は特定の場所に関して特別な思いなどを持ったことがなかったので、僕の中にはない価値観でとても新鮮でした。

DSC_6229
くらうんふぁーむ

地方は人を彩る場所

このプロジェクトのコンセプトは「あなたを彩る旅をしよう。」

コンセプト通り、自分と向き合い、徹底的に内省する機会がありました。

「何が幸せなんだったっけ?」「自分が一番わくわくした瞬間はなんだったっけ?」とかを考える。

参加者の仲間からも深堀してもらい、もっと自分のことを鮮明に知ることができました。

そして様々な価値観に触れることで、もっと自分のことが明確になったり、考え方の幅が広がる。

この宮崎での3日間は間違いなく「あなたを彩る旅」でした。

DSC_6265
くらうんふぁーむ


ただ、彩るってとても難しいです。

内省して自分を知るってめっちゃ大変。

ではなぜ今回、彩る時間を過ごすことができたのでしょうか。

それは、運営側の人たちが設計した3日間が素晴らしかったからだと思います。
運営メンバーが優秀でかつ熱い想いを持っていなかったら、ただの観光で終わっていました。

また同時にこのメンバーが揃っても、場所が東京の街中で行っていたら、彩ることなく時間が過ぎてしまっていた気がします。


要するにこのメンバーと宮崎が揃ったから、「あなたを彩る旅」ができたと思うのです。

僕はこの彩るという観点で、地方は何か可能性を秘めている気がします。

地方と都会では、時間の経つスピードも違うし、人との繋がり方も違う。
どちらが良いとかではなくて、どっちも大事。(たぶん)

地方と関わることで、自分のことをより理解することができたり、普段では考えられない選択肢を知り、その結果、自分らしく生きることができたりする。

まだまだ地方のことを知らないので、上手く言語化できていませんが、きっと地方ってそういう場所である側面があるんだろうなって思いました。

DSC_6080
鵜戸神宮

これからどうするか

これからのアクションとしては、大きく分けて3つあります。

1つ目は地方をもっと知るために、宮崎もまた行きますし、他の地域にも足を運びたいです。
そうすることで今の仕事に活かすことができるかもしれませんし、もう少し先のどこかで大きく関わることになるのかもしれません。

ぜひ来て欲しい!って方がいらっしゃいましたら、声をかけてください!!!
速攻行きます!!!

2つ目は地元名古屋についてもう一度深堀してみる。
あんまり、生きてきた場所という観点で深堀をしたことなかったので、一度考えてみようと思います。

3つ目はここで出逢った仲間たちと一緒に何かを作りたいです。
ただの仲良し集団で終わるのは嫌だなって思っていて、イベントなのかツアーなのか、仕事なのか分かりませんが、せっかくのご縁をなので大切にしていきたいです!


DSC_6056
鵜戸神宮


この3日間、僕と関わってくださった方々、本当にありがとうございました。

そしてこれからも共にあなたを彩る旅をしていきましょう。

よろしくお願いします!!!

DSC_6301

あー楽しかった。

これからも楽しも。

自分らしい人生を歩むU29と宮崎の関係人口を増やす「KINAIYO」 | FAAVO宮崎

地域 × クラウドファンディング FAAVOは、地域・地方に特化したクラウドファンディングのプラットフォームです。



先日衝撃なニュースがありました。

オリ佐藤世那 1軍登板ないまま戦力外「悔しい思いで野球やめたくない」 - スポニチ Sponichi Annex 野球

オリックスは4日、佐藤世那投手(21)ら7選手に来季の契約を結ばないことを通告した。佐藤世は仙台育英3年時の15年夏の甲子園大会でエースとして準優勝し同年ドラフト6位で入団。3年間で1軍登板はなかった。 ...



2015年に夏の甲子園準優勝投手である佐藤世那投手が所属していたオリックスから契約を結ばないことを通告されました。

要するにクビです。

まだ3年目。高卒ということもあり、長い目で見るのかなと思っていたので、このニュースは本当に驚きました。

もともと肘に不安を抱えており、今年はフォームを変えて挑んだという背景があったので、まあしょうがないのかなとは思いますが。それでも高校野球を盛り上げてくれた選手だったので残念でした。

プロと進学。どちらに行けばいいか論争

高校野球で必ず議論になるのが、高卒でプロで行くべきか、一旦大学を挟んでからプロを目指すべきかという話。

一番この議論で取り上げられるのが、ヤンキースのマー君とハンカチ王子こと日ハムの斎藤投手。
高卒でプロに進んだマー君は、今やヤンキースの主力。
一方で早稲田大学に進学したハンカチ王子は、早稲田時代は成績を残したものの、プロでは全然活躍できていません。

だから最近では、大学行かずにプロに行った方が良いとよく言われています。

僕自身もそう思ってました。

なぜならやっぱり学業が一応ある大学生と野球を職業にしているプロでは、野球に向き合う時間も違えば、環境も違うからです。

大学に行くメリットは、戦力外通告を受けた後に、就職するときに少し有利かなという程度です。
正直そこはどうにでもなるのかなとも思っています。


21歳でクビになった佐藤くんとこれからだと言われている上野くん

2015年の代といえば、U-18W杯で準優勝した世代。

そのU-18の決勝のアメリカ戦でマウンドに上がった選手は2人いました。

先発したのは佐藤世那くんは4回2失点でマウンドを降ります。(高校時代の話なので君付けで書きます)
2番手に投げたのが、我らが中京大中京の上野翔太郎くん。
9回まで完璧のピッチングをしたが、試合は2-1で敗れました。


その二人の現在を比較すると

佐藤くんは3年目で戦力外通告を受けたのに対し、駒沢大学に進学した上野くんはやっと高校時代の怪我が治り、徐々に登板数が増えてきたところ。まだ中継ぎばかりだけど。

この先上野くんが完全復活を果たし、プロ入りをすることができれば、ゆっくり育ててくれる大学進学もなくはないなと思いますよね。

未完成の状態で市場に出るプロと、成長幅は少ないかもしれないが、ある程度整ってから市場に出られる大学進学。(もちろん、大学で結果を出すことができなかったら、プロに入ることすらできませんが)

まあ結論、全て結果論なので何が正しいかなんて分かりませんが、どちらもメリット・デメリットがあるので、この先も野球ファンはあーだこーだ言い続けるんだろうと思います。

僕も言い続けます。

この内容から、特に何も伝えたいメッセージとかないので、この辺で終わりにしたいと思います。

それでは!


IMG_7470

僕が好きなポッドキャスト「dongurifm」で好きなエピソードがあります。

それはタイムラインは自分を作るっていう話です。
今って情報が多すぎるので、どこから情報を得るかで、だいぶインプットする情報が変わってきます。

ヤフーニュースしか見ない人とNewsPicksを見る人ではおそらく触れている情報が全然違うはず。

基本的にインプットからしかアウトプットは生まれません。
ということは、どこからどんな情報を収集しているかが、その人を作るというわけです。

HR界隈の人をフォローしてみた

僕が一番情報収集で使っているサービスはツイッター。
ツイッターは一次情報により近いものを得ることができるので、情報収集するために重宝しています。

ということで、HR業界で働いているので、HR界隈の人をフォローしてみました。


大手で働いている人からスタートアップを立ち上げた人まで様々な人をフォローしてみたのですが、やっぱりインプットの質が変わりましたね。

実際に手を動かしている人の生の声を聞くことができるので、今何がトレンドで、どういう人がどんなことに挑戦しているかが分かります。

社内ばかり目を向けていると、視野が狭くなってしまうので、こうやって社外の人に目を向けることは刺激になるし、参考になることが多いです。

外を知ると自分たちのポジションを理解しやすく、バリューがはっきりするのでオススメです。


まとめ
タイムラインが自分を作るので、誰をフォローするかが大切です。

ツイッターはフォロワー数を意識してしまいがちですが、自分のタイムラインを作るのはフォロー。

だから誰をフォローするかを真剣に考えてみてください!


キングコング梶原さんが「カジサック」としてYoutuberデビューしました。



2019年の年末までに登録者数100万人に到達できなかったら、芸人引退すると動画でおしゃっていました。
でも個人的に驚いたのは、そんなことより毎日投稿をするということ。

今までYouTuberのようなスタイルで、YouTubeをやっている有名な芸能人はいないと思うのでどうなるか楽しみ。

また目的とかは置いといて、そこの枠に張った梶原さんは面白いなあって思いました。

環境は人に多大な影響を与える

梶原さんがこうやって、思い切ったことができたのは間違いなく相方のおかげ。

相方の西野さんは、オンラインサロンをやったり、絵を書いたり、ビジネス書を書いたりと芸人の枠にとらわれず、行動しています。

こういう普通の人から見ると頭がおかしいのかなって思うほど行動している人を目の前にしていると、やっぱり梶原さんも影響を受けずにはいられない。

少しくらいやりすぎるくらいがいい。

そう思って今回、YouTuberとして思い切って舵を切ったんだと思います。

最後に
「どうやったら、行動力がつくのだろうか・・・」と思っている人が行動力を付けるためには、行動しまくっている人たちがいるコミュニティに所属するのが一番早い気がします。

今はオンラインサロンとかに入れば、すぐに出逢うことができます。

環境を味方につけて、成長していきましょう!

「サウナイキタイ」をご存知ですか?

IMG_7564

サウナ好きが作る、サウナ好きのためのサービスです。
お気に入りのサウナ施設が見つかる日本最大のサウナ検索サイト「サウナイキタイ」

サウナってこんな楽しみ方もあるよ。こういうところに着目すると面白いよ。こんな施設があったよ。など、いろんな人のサウナ好き!な気持ちが集まって、皆のサウナライフがちょっぴり豊かに広がるようなサイトを目指しています。

サウナの楽しみ方がたくさんの人に広がれば、友人・家族など、大切な人と一緒に過ごせるようなサウナがもっと生まれるかもしれない。自分だけのサウナが楽しめるような場所も増えるかもしれない。サウナとの関わり方の選択肢をもっと広げるような活動をしていきたいと考えています。

日常的にサウナに入る人がもっと増えると、今あるサウナ施設がもっとレベルアップしたり、サウナに入れる施設が増えたり、フィンランドのように家やコテージにサウナがあるのが当たり前になる日がくるかもしれません。そんなサウナの未来を夢見つつも、まずは自分たちがもっとサウナのことを知りたいという気持ちからサウナイキタイをはじめました。
https://sauna-ikitai.com/

最近サウナにハマった僕がめちゃくちゃ重宝しているサービスです。


その中でも個人的に一番使っている機能は、現在地から近いサウナを教えてくれる機能です。
僕の家で使ってみるとこんな感じに表示されます。

IMG_7566
天徳泉が0.33m、玉の湯が0.82m先にあることが分かります。
また「コナミスポーツクラブ荻窪南口」のように銭湯やだけでなく、スポーツジムまでカバーしています。

関連記事:阿佐ヶ谷にある銭湯「玉の湯」はサウナが熱くて最高です!


サウナ施設を選択すると詳細が表示されます。
IMG_7567
サウナや水風呂の温度や収容人数が書かれていたり


IMG_7568
ロウリュ、休憩スペースの有無とか

IMG_7569
24時間営業なのか、Wi-Fiがあるのかとかも事前に分かっちゃいます。


IMG_7570

あとタオルやシャンプーがあるかも記載されています。
これを見ておけば、手ぶらでサクッとサウナに行けちゃいますね!



IMG_7571

また実際にサウナに来た人のコメントも書かれています。
ここでリアルな口コミを知ることができます。

現在地から近いサウナを簡単に見つけることができ、サウナーが欲しい情報が簡潔にまとまっているこのサービスを知らずして、サ活をすることはできません!

逆にいえば、サウナイキタイを利用すればサウナ初心者でも充実したサ活をすることができます!

もし、サウナに行ってみたい人やサウナの魅力に気づいた人がいましたら、ぜひ使ってみてください!

サウナイキタイ - 日本最大のサウナ検索サイト

日本最大のサウナ検索サイト「サウナイキタイ」は全国4850件のサウナ施設を掲載中。エリアの絞込や、サウナ・水風呂の温度などサウナ好きがこだわる様々な検索条件で、あなたにぴったりのサウナ施設が見つかります!サウナ好きの皆さんからのサウナ施設情報も募集しています。





阿佐ヶ谷にある「玉の湯」に行ってきました。

IMG_7467

玉の湯は昔ながらの銭湯で、お世辞にも綺麗とはいえません。
だけどそれがまたいいです。

IMG_7469

受付の人に声をかけるとタオルとシャンプー、ボディソープが無料でもらえます。(タオルはレンタル)
なので、手ぶらで風呂にいけちゃうわけです。

そして一番のオススメポイントはサウナ。

温度が100度を超えていました。
(サウナイキタイで見てみると112度となっています。)
テレビもないので、ひたすらサウナに集中できる環境です。


また水風呂の横に休憩スペースがあるのが最高。


サウナ→水風呂→休憩スペース


これを3回やれば間違いなくととのいます。


もし阿佐ヶ谷周辺に住んでいる人でサクッとととのいたいなっていう人がいましたら、玉の湯に行ってみてください!


世界初の民間月旅行者としてイーロンマスクのSpaceXと契約を結んだ前澤さん。

初めてこのことを知った時は、「相変わらずお金の使い方が豪快だな。これで世界的にも有名になったわけか。」と堀江さんがいつも前澤さんが絵を買う理由は、知名度や人脈のための戦略と言っていたことを思い出していた。


しかしよく見ていくと、ただ旅行に行くわけではなさそうだ。


パブロ・ピカソが月を間近に見ていたら、どんな絵を描いたんだろう。 

ジョン・レノンが地球を丸く見ていたら、どんな曲を書いたんだろう。 

彼らが宇宙に行っていたら、今の世界はどうなっていたんだろう。


私たちには、想像力と創造力があります。 

まだ一度も見たことのないような夢を見ることができるかもしれない。 

歌ったことのないような歌が歌えるかもしれない。 

描いたことのないような絵が描けるかもしれない。


このプロジェクトが皆さまの夢を拡げるきっかけになることを願っています。


地球を代表するアーティストと共に、皆さまより少しだけお先に月に行ってきます。


#dearMoonホスト・キュレーターとして、 

このようなチャンスに恵まれたことを大変誇りに思います。


BFRでの月周回飛行プログラムを提供くださるイーロン・マスクさんと

SpaceX社の皆さま、そしていつも僕を支えてくださる全ての関係者の皆さま、

本当にありがとうございます。


このプロジェクト必ず成功させます。 

楽しみにしていてください!


前澤友作

スクリーンショット 2018-09-18 22.59.48

前澤さんが今回プロデュースする#dearMoon は、画家、音楽家、映像作家、ファッションデザイナーなどのアーティストが月へ行き、今までにないインスピレーションを得て、作品を作るといった壮大なプロジェクト。

スクリーンショット 2018-09-18 23.01.25

今まで味わったことのないインスピレーションを得たアーティストたちは、どんなアートを生み出すのか。

それを見るための手段として月へ行く。

スクリーンショット 2018-09-18 23.01.11

この話を聞いた時に、売名行為だと思ってしまった自分が恥ずかしい。

そして自分の好きなことにお金だけでなく、命までかけてしまう前澤さんに嫉妬してしまった。


前澤さんを見ていると人間ってお金を稼ぐために生まれてきたわけでないんだから、もっと自由に好きに生きようよって言われているような錯覚に陥る。


「やりたいことがない」

「好きなことがない」

「熱中できるものがない」


そんな言葉をよく聞くが、本当に何もないのだろうか。

勝手に無理だと決めつけていないだろうか。

前澤さんは見たことのないアートを見るために月に行く。

じゃあ僕たちはどこに行く?

#dearMoon

I choose to go to the Moon, with artists - Yusaku Maezawa





高円寺にある「たちばな」は、0円で餃子が食べられちゃう居酒屋です。
IMG_7460



ドリンクを一杯頼むと、1人前無料になります。
2杯飲めば、2人前無料です。
IMG_7463


無料ってことは、一口くらいの餃子しかこないんじゃないの?って思いますよね。
僕もそう思って頼んだ2人前の餃子がこちらです。
IMG_7464


普通に2人前です!笑
しかもめちゃくちゃ美味しい。

酒と餃子だけでいけちゃいます。

また正確なドリンクの料金は忘れてしまったのですが、600円くらいと普通な価格だったと思います。
平日の仕事帰りにサクッとアルコールを1杯頼んで、1人前の餃子を食べて帰宅するのは最高だなって思いました。

一杯やったあと、そのまま小杉湯にいけば完璧な一日の締めくくりになりますね。

関連記事:交互浴の聖地「小杉湯」は天国かもしれない。


ぜひ、行ってみてください!
IMG_7461
餃子処 たちばな 


「沖にいないと波に乗れない」

めちゃくちゃいい言葉ですよね。
世の中にはチャンスを掴める人とチャンスを逃してしまう人がいます。

その差は才能などの先天的なものではありません。

チャンスを掴める場所にいるかどうかです。
何事も準備が必要ですが、チャンスを掴むことも同様です。

大きな波が来た時に、乗る準備ができているかが大切なのです。

物理的な準備からマインドの準備まで、色々な準備があると思いますが、僕が今やっているこのブログも波に乗るためにやっています。

分かりやすく具体例をあげるなら、去年の仮想通貨アフィリエイトバブル。

関連記事:【仮想通貨】僕がやってしまった今年最大のミス

僕自身割と早い段階で仮想通貨は買っていて、当時はそこそこ詳しかったのですが、ブログをやっていなかったため、この波に乗れませんでした。

だから次の波がくるまで、ブログを地道に更新し続け、波が来たら思っ切り乗りたいと思っています。
発信し、情報収集をし続ける。沖にいて大きな波がくることを虎視眈々と狙っています。

 

IMG_7414

堀江さんの多動力に影響を受けて、「つまらないから仕事をやめました!」といった発言をよく見るようになったが、この行動自体は多動力の本質ではないということを箕輪さんは死ぬカスで語っています。

多動力 (NewsPicks Book)
堀江貴文
幻冬舎
2017-05-26



多動力の本質は、何か一つで突き抜けるということ。

何かのジャンルで飛び抜けているから、横展開が可能になり、他のジャンルのトップから声がかかる。

箕輪さんは誰よりも本を書いている。
落合さんは誰よりも研究をしている。
秋元さんは誰よりも詞を書いている。

何かのトップになってやっと多動力が発揮する。

たくさんいろんなものに手を出すこと自体を目的とするのではなく、トップになるための熱狂できるものを探すためにたくさんいろんなものに手を出すのが正しいあり方。

そして熱狂できるものを見つけ、トップになったとき、その肩書きを使い、横展開する。

そして自分の幅が広がっていく。

これこそが多動力なんだろうなと思いました。

まずは目の前のことに集中にして、トップを目指していきたいです。

【関連記事】
『多動力』サルのようにハマり、鳩のように飽きよ

マンガ版多動力が、読みやすくてやばい!

 

死ぬこと以外かすり傷
箕輪 厚介
マガジンハウス
2018-08-28