たっちーの日記

東京に住む新社会人の雑記ブログです! ためになることならないことを書いています!

はたらくみんなのための働き方改革。

もっと楽しくなるはずなのに、
楽しめないのはなぜだろう。

もっと歓迎したいのに、
盛り上がらないのはなぜだろう。

風が変わりはじめた今だから
少し考えてみませんか?

まずは、この動画をみていただきたいです。



見ました?笑
国が進める働き方改革を皮肉っていて最高ですよね。笑

この動画のように、サイボウズは「働き方改革、楽しくないのはなぜだろう」というテーマで半年以上前から発信しているようです。

動画では
①残業編
②女性活躍編
③イクメン編
④副業編
と4つのテーマを扱っています。どれも最高に面白いので、見てください!

なぜサイボウズはこのような発信をしているのか?
気になったので、ググってたらバズフィードの取材記事がありました。
そこで僕が印象に残ったのは、一連のプロジェクトリーダーを勤めた杉山さんの話です。

「世の中の働き方改革が、画一的になっているのではないか、と感じていました。イクメン、女性活用、ノー残業……。『右向け右』で同じ方向に向いていますよね。働くこと、働き方改革の本質ってなんだろうか、ということを考えていただきたかった」

「たとえば残業にしたって、働きたい人は働けばいい、帰りたい人は帰ればいい。みんなそれぞれに、違った生活や働き方への意識がある。パソコンを取り上げるのではなく、まずそういったことを重要視するべきですよね」

特にターゲットとしたのは、これからを担う「若い人達」だといいます。

「今回の広告をきっかけに、働くことの多様性を、自分なり、会社なり、チームなりで考えていただきたかった」

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/cybozu?utm_term=.pkrlJNngJ#.vjKDQemMQ

働き方って本来は人それぞれ違うべきで、自分の価値観に合わせた働き方をするべき。
国がこういう働き方が正解なんだって示すものじゃない。

そういうことを伝えたかったとのこと。


僕は職業柄、働き方について常に考えているわけですが、まさにその通りだなと思いました。


この動画を見て、働き方についてもう一度考えてみてください!!!




0.5%の努力の差が結果に大きく左右するというもの。
確かにそうだと思う。

結果っていきなり出たりするから。

比例じゃないんですよね。


振り返ってみると僕は今まで、0.5%頑張ることができていなかったなと反省。

もう無理だと思ってから、あと0.5%だけ頑張る。

これを習慣化することができたら何をやっても強くなれる。
ということで、深夜2時にガストが閉まってしまうので、24時間やっているマックへ移動。

あと0.5%だけ頑張ろう。

こんなニュースが急に入ってきて
現在、IT業界が揺れています。

沖縄離島リゾート旅行へ 石原さとみの新恋人は1歳下のカリスマIT社長(文春オンライン) - Yahoo!ニュース

女優の石原さとみ(31)が、IT企業「SHOWROOM」の代表取締役社長・前田裕二氏(30)とゴールデンウィーク直前に2人で沖縄県を旅行していたことがわかった。 【写真】空港でアンナチュラルなほどに顔を隠す石原さとみと前田社長 ...



SHOWROOMを作ろうとしている IT社長がいたり

人生の勝算について考え始める人たちも



ビックウェーブに全力で乗っかる箕輪さん笑

そして安定の家入さん


どんな炎上よりも今回の方が界隈が一つになって盛り上がっているという印象です!

石原さとみすごいな。。。

前田さん応援してます!!!

僕たちにビジネスでもプアライベートでも夢を見させてください!

こんにちは、たっちーです。

帰省ラッシュに巻き込まれて、名古屋→東京2時間立ちっぱなし満員電車で、カバンに入れてある本を取り出すことも容易じゃない感じなので、ブログ書いてます。
IMG_6668
やばいでしょ

今回のGWで名古屋に帰省したんですが、僕は大学も地元の大学に通っていたので、今回がはじめての帰省でした。

なので、その感想を書いていこうかなと思います。

名古屋はやっぱり田舎。そんな名古屋でやった3つのこと
帰ってきて思ったのはやっぱり名古屋は田舎だなと。

僕の地元の緑区は特に。

夜やってる店も少ないし、そもそも歩いている人の数が違う。

これは、名古屋帰ってきた人みんな名古屋は田舎だわって言うわ。

心からそう思いました。

そんな田舎に帰ってきてやったことは、大きく分けて3つ。

①家族と会う
②友人と会う
③車に乗る


家族に会い、地元の友人に会い、免許を3月30日に取った以来車に乗ることがなかったので、車を乗る練習ができて、充実したGWでした。

特に友人と会ったのが、有意義な時間でした。

普段会う人って会社の人ばっかりなので、ある意味刺激が少ない。

考え方とかが同族の人が集まってるから。

名古屋には社会人の友人、学生の友人がいるわけで、職種もバラバラ。 

本当に色んな考え方や、色んな働き方があるんだなあって実感しました。


学生までは、大学が違ってもだいたいやってることは似ています。

単位とって、サークルいって、バイトして。
インターン参加したり、研究室で研究したりとだいたい想像できちゃいます。

しかし社会人は違います。

職種もそうだし、人間関係や会社の風土、何もかもが違いすぎる。

社会人生活の過ごし方次第で、ものすごい差がついてしまうなと実感しました。

まあ人それぞれ価値観は違うので、何が正しいとかはないのですが、差はついていくのは間違いないなと。

またここからの人生は、まじで各々の人生になっていくので、人と比べずに、自分のやりたいことを淡々と実現していく、そんな人生を、歩んでいきたいなと思いました。

自分の人生はじまってる?


最近読んだ漫画で心に残ったシーンがあります。
IMG_6661

俺は俺が諦めるまで諦めない。
自分の人生がいつはじまるかなんてわからない。
何かを得た時にはじまる人生もある。
何かを捨てた時にはじまる人生もある。
そればっかりはお前ら本人にしかわからねぇんだ。


僕は社会人になって、やっと人生が始まりました。
今も、これからも自分の人生を熱狂します。



こんだけ書いてもまだまだ1時間も時間を潰してません。。。
残りの時間はKindleで漫画を漁ろうと思います。

こんにちは、たっちーです。

「10年後の仕事図鑑」を読みました。
IMG_6653

堀江さん、落合さんのファンである僕にとっては、どうせ知っている内容なんだろうなって思いながら読んだのですが、かなり面白かったです。

このお二方は数年後の未来を生きているので、就活生や新社会人は絶対読むべきです。

今回は、この本で勉強になったこと3つを紹介します!


情報メタボになってはいけない
最近では、SNSやネット記事を見て情報収集するだけの「情報メタボ」が非常に多い。

得た情報をSNS上でアウトプットし、多くの人の意見を取り入れることで、より多角的な視座を手に入れることができる。
「インプット」と「アウトプット」、両方のバランスがとれているとき、人は格段に成長できるのだ。
スマホにより簡単にたくさんの情報に触れることができるようになって、情報収集する人はかなり増えてきた。
しかし、インプットだけして、アウトプットをしない人が多すぎる。

これは読書にもいえること。

アウトプットして、成果に繋げないとインプットした意味がない。

せっかくインプットしたのだから、自己満で終わらすのは、もったいない。
アウトプットして、多角的な視野を手に入れたり、成果を出して、成長していきたい。

何をしたらいいかわからない?まずは夕飯から決めよう
実体験ベースに話せる人は強い。自分の生き方、自分がやってきたこと、今やっていることのすべてがつながっている人は、自分でもその生き方を楽しめる。
そこでフォロワーを引きつける美学を作れるかどうか。
実体験ベースに話せる人は強い。っていうのは死ぬほど理解できる。

やっぱり、背景に原体験があって、この選択、この生き方を選んだんだなっていうところが繋がると、一気に魅力に思えるし、その人を理解できる。

人は必ず、原体験、実体験を元に今の価値観が構築されていると、個人的には思っている。
だからみんな実体験ベースに話すことができるはずなのだが、実際はそうでもない。

なぜ話せないのか。

その理由は、2つあると思う。

1つ目はこの本にも書かれているのだが、意思決定する機会が減っていて、意思決定する能力がなくなってしまっているから。

しかし、人間は実体験を元に価値観は構築されているので、心配する必要はない。
夕飯は何にしよう?っていうくらい小さなことから意思決定する癖をつけて行こう。

2つ目は自己分析をしていないから。自分が今までしてきた決断は、必ず何か理由があって選んだに違いない。
だけど忘れてしまって、そのまま生きているから自分の生き方がよくわからないっていう人が多いと思う。

そういう人は自分と向き合い、自分の人生を振り返ることで、少しずつ実体験が自分の生き方につながってくるに違いない。

今まで選択肢してきたことは、どの体験を元に選んだのか、そして、目の前の小さな選択を自分の意思をしっかり持って決定する。この二つを徹底的にやっていけば、実体験をベースに話せる強い人間になれる。

溶けるのは楽だ。それでも君は行動に移すか
昨日の自分と今日の自分を差別化することからはじめてみよう。
大事なのは、「すぐに行動に移せるかどうか」だ。

一方で、社会に溶けるのは楽だ。生活コストは年々安くなっているし、レジャーだって安価に提供されている。それはそれで、悪いことだとは思わない。

溶けるか、溶けないか。
それを自分で決めて、行動に移せばいい。

溶けるか、溶けないか。どっちも正義であり、正解である。

のんびりなんとなく生きていたら、あっという間に溶けてしまうのが今の世の中だ。

僕は溶けたくない。

溶けるのが怖い。

だから、今を一生懸命生きていく。昨日の自分よりも今の自分は少しだけ違うと言えるように毎日生きて生きたい。


最後に

国、社会、親、先生、上司などにこれからの生き方を聞いても答えは出ない。
なぜなら、インターネットが普及して、AI,、仮想通貨などが当たり前になってきた時代を生きてきた人は、世の中にいないからだ。

誰も正解なんかわからないからこそ、最先端の情報に触れ、行動する。
そして個として成長していかないと、取り返しのつかないことになってしまう。

希望の未来か、絶望か決めるのは、今だ。

共に頑張っていきましょう。


10年後の仕事図鑑
堀江 貴文
SBクリエイティブ
2018-04-05


こんにちは、たっちーです。

いきなりですが、社会人の人におすすめな本があります!
IMG_6642


■概要


つまらない仕事を、すごいプロジェクトに変えろ

これがこの本のテーマである。

組織にせよ、個人にせよ、人生とはプロジェクトであり、充実した人生を送るには、すごいプロジェクトをやるしかない。
しかし、全ての人が歴史に残るようなプロジェクトに巡り会える訳ではない。

だけどそんなことはどうでもいい、
本当に大事なことは、面白いことをやってやろうと思うと、仕事が面白くなる、生きているのが楽しくなる、そのことである。

この本には、つまらない仕事をすごいプロジェクトに変える方法が四部構成(創造、売り込み、実行、退場)に別れて、計50項目書かれている。

「仕事に熱狂したい、だけど今の仕事はつまらない仕事だ」と思っている、そんな人たちに、ぜひ読んでもらいたい一冊である。

■学び・自分に活かせそうなこと


50項目のうち活かせそうなことを3つ抜粋しました。

すごい仕事は人がくれるものではない

成功する者は、つまらない仕事に目を輝かせる。なぜなら、つまらない仕事は誰も注目しないのでかなり自由がきき、やりたいことができるからだ。
誰もやりたがらない仕事があったら、喜んで飛びつこう。

👉つまらない仕事をつまらないと言って、適当にこなしてしまうのは、自ら成長機会を放置しているのと同等のことをしているということが分かりました。

僕はつまらないこと、何にも繋がらないと思ったこのは、適当にこなす癖があるので、
今までどれだけの成長機会を自ら放置してきたかを振り返るとぞっとします。

一見つまらなそうに見える仕事に価値を見出す。
そうすることで、すべての仕事が成長機会に変わります。

みんながやらなそうな仕事を率先してやって、成長していきます。

夢を妄想で終わらせないために

すごいプロジェクトとは「締め切りがある夢」のことである。
途方のない夢を実現した人はみな、夢を見ながら、手足を動かした人たちだ。

👉やりたいことがあったら、すぐに行動することが大切だと分かりました。

実際に働き始めて、もう時間が足りないな、あっという間に一週間が終わるなと感じています。

これからもっとタスクが増えていく中で、もしやりたいことがでてきても、やりたい事成し遂げる前に人生終わってしまうのではないかと思います。

具体的にやりたいことが見つかったら、すぐに行動します。


挫折に乾杯

失敗は修正をもたらし、修正は成功をもたらす。だから、失敗があったら祝杯をあげることが大切。

👉失敗することはネガティブなことではなく、成功をもたらすポジティブなもの。
だからどんどん失敗するべきだと言うことがわかりました。
特に新人である今の時期は、失敗しやすい状況であると思います。

だからたくさん挑戦し、失敗していきたいです。
また、周りの人が失敗したときも、重い空気にするのではなく、乾杯するような気持ちで接し、失敗はポジティブなものという環境を作っていきたいです。

こんにちは、たっちーです!

いきなりですが大学生の皆さん、使わなくなった教科書はメルカリで売るといいですよ。

実際にいらなくなった教科書をこの前メルカリに出して見たところ、ちょくちょく売れたんですよ。
しかもそこそこの値段で。

IMG_6585



というのも、大学の教科書って専門書じゃないですか。
だから値段が高い。

専門書なので、他の本と比べたら需要は少ないですが、値段が高い新品の教科書を買うの嫌だから、中古を買いたいっていう層は一定数いるんですよ。

大学生なんて、みんなメルカリやってるから、確実に。

そして専門書は、部数が少ないので、メルカリに同じのが出品されている数が少なく、比較的高い値段で売ることができます。

僕の場合、本にメモを書き込んだり、マーカーが引いてあるということきちんと伝えていたのにも関わらずこの値段で売れました。

まとめるとこんな感じ。

専門書:出回っている数が少ない→高く売れるが売れるのが遅い
ベストセラー本:出回っている数が多い→安くしか売れないがすぐ売れる

なので、使わなくなった教科書がある人は、ぜひメルカリに出したらいいと思いますよ。

ちょっとしたお小遣い稼ぎになりますし、オススメです。

名古屋に住んでいる時も、東京に住んでいる時も、深夜に作業するときはだいたいガスト。
こんばんは、たっちーです。

テスト前はいつもガストで勉強していましたね。笑
懐かしい。

社会人になってもやっぱりガストは安定です。
家の近くにあってよかったわ。


IMG_6570
ガストの話は置いといて
今回は先日、小杉湯で読んだ漫画「AIの遺伝子」がかなり面白かったので紹介していきます!

【関連記事】
交互浴の聖地「小杉湯」は天国かもしれない。

人間、ヒューマノイド、ロボットが当たり前のように存在する近未来を舞台に、ヒューマノイドを治療する人間の医者を主人公として、人間とヒューマノイド双方の考え方の違いによって起きる問題を戦争、テロ、殺人事件、陰謀、暴力、憎悪ではなく、「愛」、「友情」をベースに描くオムニバスストーリーである。
引用:Wikipsdia
世の中には、 AIやヒューマノイドなどを取り上げた漫画はたくさんあります。
それらの漫画は、だいたい戦争などを題材していたり、ドラえもんのような最強なテクノロジーを使っていく題材ばかりです。

しかしこの漫画は違います。

この漫画はヒューマノイドの感情に注目して、「愛」であったり、「友情」をテーマにして描いているのです。

めちゃくちゃ新鮮で最高です。


また意識高く考えるなら、AIについて新しい視点で考えるきっかけになりますし、

漫画としても ”ヒューマノイド×医者”という今までにない観点で面白い内容になっています。


本当にオススメなので、ぜひ読んでください!
小杉湯に行く人は、必読です!



こんにちは、たっちーです!
高円寺にある「小杉湯」に行ってきました!
IMG_6574



小杉湯は交互浴の聖地として有名で
ネットでよく話題になってます。
・ねとらぼ
”銭湯神”ヨッピーも太鼓判 高円寺・小杉湯が「交互浴」の聖地と呼ばれる理由

・Blog@narumi
夏は高円寺の「小杉湯」で交互浴キメてだらだら漫画を読むのが最高


実際にお風呂に入ってみて、驚いたのは交互浴をやっている人多さ。

僕の地元の名古屋では交互浴をやっている人をそんなに見かけたことないのですが、小杉湯にきている人はみんなやってました。

あまりにも人気すぎて、水風呂待ちができてましたもん。

さすが交互浴の聖地!


IMG_6579
また交互浴女子が解説する「交互浴図解」をもらうことができ、レベルに合わせた交互浴の入り方を提案してくれます。

あつ湯と水風呂を交互に入って、整いましょう。


narumiさんのブログで整ったあとは待合スペースでだらだらしましょうって書いてあったので、待合スペースに行ってみました。

待合スペースはすごくおしゃれで、漫画もたくさんありました。
IMG_6572


ヨッピーさんのサインや「サ道」のイラストが!
IMG_6571



銭湯を絵で表現した「銭湯図解」は、細かく書かれていて見ていて楽しいです。
IMG_6573



風呂漫画がめちゃくちゃあって迷いましたが、全く風呂に関係ないAIの遺伝子を読みました。
面白かったです。
IMG_6570


交互浴で身体的にも精神的にも癒され、そのあと漫画を読んでだらだらするのは最高です。
460円でこんな幸せになれるなんてここは天国ですか。

家から近いので、通うの決定です。昨日行ったのにもう整いたい。
IMG_6568

 

こんにちは、たっちーです!

社会人になって最初の一週間が終わりました!

社会人になったら、時間が過ぎるのが早いよなんて言いますけど、本当にあっという間でしたね!

本当にすぐに一週間終わってしまいました。

今回は社会人になって一週間経った現在感じていることを書いていこうと思います。

やること、覚えることが多い

入社したばっかりで、何も知らない状況ということもあり、本当にやることや覚えることが多いです。
しかも学生と違い、期限があったり、スピードが求められます。

でもそれは、当たり前です。

会社は学校ではなく、お金をいただいているわけだから、その対価を企業に提供しないといけません。
だからスピードであったり、多くのタスクを処理していくことが求められるのです。

しかしまだ僕は研修期間なので、何も価値をうむことができていません。

本当に色々教えてくださる先輩社員さんたちには感謝の気持ちしかありません。
早く仕事を覚えて、恩を返していきたいです。


上司は教師じゃないし、同期は友達じゃない

新人はまず上司や先輩社員さんに教育を受けますよね。

僕も毎日当たり前のように色々教えてもらいます。


しかしながら上司の方は、教育するのがお仕事ではないんです。
教育して戦力にするために教えてくださっているのです。自分の仕事が他にあるのもかかわらず。


教師と上司は全然違う。
だから学生のノリで教育を受けてはいけない。

社会人であることも意識して働かないといけないなと思いました。


またそれは同期も同じようなことが言えます。

同期は友達だけど、ライバルであり、パートナーです。

学生の頃のように馴れ合うだけの仲間ではなく、掲げたビジョンを叶えるためのパートナーであり、またビジネスという世界においてのライバルです。

学生の頃と違って、社会人はいつ自分の居場所がなくなるかなんてわかりません。

なので、仲間は居場所を一緒に作っていくパートナーであり、ある意味居場所を奪い合うライバルなんじゃないかな。

こればっかりは、まだ働いて一週間しか経っていないのでわかりませんが、馴れ合うだけの仲間ではないのは確かだと思うので、頑張っていきたいです。


最後に

まあ社会人生活今のところ、悪くないです。

むしろたくさん勉強になるし、成長できる環境に入られてハッピーです。

このモチベで行けるところまで全力疾走していきたいですね!

【センバツ準決勝】
東海大相模 10-12 智弁和歌山(延長10回)
大阪桐蔭 3-2 三重(延長12回)

今日のセンバツは本当に白熱した1日でした。
これだから高校野球は面白い。

仕事でリアルタイムで見ることができないのが本当に辛いです笑


そしてついに決勝のカードが決まりましたね!

大阪桐蔭VS智弁和歌山


名門同士のプライドかけた戦いがみられることは間違いないでしょう。

ということで決勝戦がもっと楽しく観られるように、今回は決勝戦の見所を紹介していきます!

大阪桐蔭を叩かんと智辯の名が廃る

第99回全国高校野球選手権第9日目(2回戦)
大阪桐蔭 2- 1 智弁和歌山

昨年の夏、智弁和歌山は大阪桐蔭よりも多くのヒットを打ち、得点圏にランナーを進めながらもあと1本がでず惜しくも敗戦。

この敗戦で智弁の監督の高嶋さんが
「(監督を)やめれんでしょう。(大阪桐蔭を)叩かんと智弁の名が廃る。今度は叩きますよ。(来年も)センバツ、夏と出場しないといかんな」とリベンジを誓っていました。

71歳の名将のこの言葉は本当に印象的で、最強世代の大阪桐蔭に智弁なら勝てるかもしれないなと僕は期待していました。

そして迎えた秋季近畿大会決勝

このカードが再び実現しました。
試合結果は根尾くんのホームランが決勝点となり1-0で大阪桐蔭の勝利。

高嶋監督は大阪桐蔭を叩くことができませんでした。

そして今回またこのカードが実現しました。

舞台は甲子園の決勝。

高嶋さんにとって最強世代の大阪桐蔭を甲子園決勝という場でリベンジを果たしたいという気持ちは大きいでしょう。

名将高嶋監督がどうやって大阪桐蔭を攻略しようとするのか。

あと1本が必要な場面でどのような攻撃を仕掛けるのか。

これは本当に見所ですね!

このように高校野球はエピソードを絡めて観戦すると一気に面白くなります。
ぜひ、高校野球を見る時はエピソードを調べてから観戦してみてください!

IMG_6548

おはようございます!たっちーです!

本日は4月2日(月)ということで、新年度が始まりますね!
そして僕は今日から社会人になります!

朝早く起きて、入社式の前に書いてます。笑


まあ今の気持ちとしては、シンプルにワクワクとドキドキでいっぱいです。

どんな上司や同期と出会えるのか。

どんな事業部に配属されて、具体的にどんな仕事をすることができるのか。

わからないことばかりです。

だからこそ、楽しみだし、面白い。


僕は才能がない。要するに質が微妙なんですよ。
だから質では勝てない分、量で他を凌駕しないと、パフォーマンスが出せないと分かっています。

なので、とにかく持っているエネルギーを全部、仕事に注いでいきます。
燃え尽きてしまうかもしれませんが、そんなこと燃え尽きてから考えればいいです。

そしてこのブログも週に4〜5本は更新していきたい。

一見仕事と関係ないように思うかもしれませんが、いつかこの点と点が繋がるかもしれない。

だから頑張って続けていきたい。


やっと楽しみにしていた社会人になったんだ。

今まではレールの上を通ってきたけど、ここからはレールなんて存在しない。

たくさん失敗し、悩み、だけど行動をし続けていく。

編集者の箕輪さんが前言っていた言葉が本当によかった。

「仕事は人生の余興。だから死ぬこと以外はかすり傷。」


死ぬこと以外はかすり傷なので、自分の人生は自分で作り、今を本気で生きていきます!

これからどんな出会いがあるのかな!
最高に不安で、最高に楽しみです!!!

それでは、出勤してきます!!!行ってきます!!!
同期のみんな、死なない程度に頑張ろうね!笑