たっちーBLOG

通勤の時間にサクッと読める記事書いてます。

異常なくらい若い子が並んでいる列があれば、だいたいその先にタピオカが売られてる。

ミルクティーとかの中によく分からない黒色の粒が入ってるだけの飲み物に若者が熱狂しているのだ。

本当に意味がわからない。

特別美味しいわけじゃないのに、なんであそこまで並ぶのだろうか。

タピオカ飲むくらいだったら、ピルクルを飲んだ方が絶対いいよ。美味しいし、並ばないし、乳酸菌も取れちゃう。

ほんとにタピオカは謎すぎる。

もう僕はおじさんなんだろうな。

ということで、タピオカを買ってインスタ映えしてきました。

今日のタピ。

IMG_8789


よく若者をターゲットにした狙ったキャンペーンとかあるけど、だいたいズレてて滑ってるじゃないですか。

若者の感覚が分かってない大人がトレンドとロジックを掛け合わせて作るからそうなるんですよね。

だから、こうやって若者の感覚に実際に触れることが大切だなと思いました。

明けましておめでとうございます。

令和ですよ。令和。

ダウンロード

僕は和歌山県で、イケてるクリエイターの方々と一緒に令和を迎えたのですが、なんか新しい元号に変わるってめっちゃいいですよね。

カウントダウンとかやったりと年越し感があって楽しいですし、平成ってどんな時代だったを振り返り、棚卸しする機会ができたりと、とても充実感がありました。
これなら10年に1回くらい年号変わってもいいなと思っちゃいます。


勝負の時代、令和

個人的には令和は勝負の時代になると思っています。
というのも、僕が過ごした平成の時間は23年間で、ほとんどが学生時代だったんです。

ほとんどレールの上を走っていただけの23年間。
もちろん、たくさん挑戦はしてきましたが、それはあくまでレール上での挑戦。

ただこれからは社会人2年目で、レールなんて存在しない世界で生きていくことになります。
僕は同じ会社にずっといて、会社がひいたレールを走りながら出世していくような人生を歩み予定ではありません。(同じ企業で働く人を否定しているわけではなく、向いていないだけ)

好きなことや好きな人と働く人生を送っていくのですが、そのためには頑張らないといけないんです。

「そもそも好きなことってなんだっけ」

「自分はどんな価値を提供できるんだっけ」

「いくら稼げたらいいんだろう」

などなどわからないことばかり。
ただ、わからないからって行動をやめてしまうと何も始まらないので、僕は今目の前のことに集中し、自分の武器を磨きつつ、外部に出て、会社では学べないことを学んだり、刺激を得て、自分が好きなこと、自分の武器を理解していきたいと思います。

好きなことで、生きていく

最近デザイナーの方々とお話しする機会が多いのですが、そういう人たちは大学も美大でそのままデザイナーになり、活躍し、フリーになったり、副業OKな企業に行って、好きなことをして生きています。

そういう人と話すと好きなことを仕事にできていて、非常に羨ましいと感じます。
ただ、僕が今すぐその人たちのようになれるかというとなれるわけがないんです。

だって、その人たちは子供の頃から何かを表現するのが好きで、勉強し、美大に入って、社会人になって、結果を出して今がある。

一方で、自分は学生時代に自分の好きなことを見つけることができず、なんとなく会社を選び、働いている。

スタートが違うんです。

だから行動して、いろんなことを経験し、好きなことを探していかないといけません。
実際にやってみて、これは違ったわとか、これ好きかもってわかるもんだから。

僕が去年入社した時に、どうやったら好きなことって見つかるんですかねって好きなことをやって生きてる先輩に聞いたら、「行動するしかないよ」って言われたんですが、1年経った今、その言葉がわかった気がします。

ということで、この令和は僕にとって勝負と時代です。
年号が変わり、令和を振り返るとき、充実した時代だったなと言えるように頑張ります。

頑張るよ。


コーディングはPdMの仕事ではありません。しかし企業はPdMにコンピュータサイエンスのバックグランドを求めます。

FacebookではPdMの誰もがコードを書くことを期待されていて、6週間のFacebookブートキャンプを経験するとのことです。

それではなぜ、技術的な経験が求められるのでしょうか。

その答えがこの本に書いてあったので紹介します。




その答えはコンピュータサイエンスのバックグランドを持たない人は、エンジニアとの強力な関係を築くことが苦手だからです。

PdMは権限がないけど、チームを率いていかなくてはならない仕事です。良い仕事をやり遂げるには、ビジョンを持ってチームをその気にさせるしかないのです。
なので、PdMにとってエンジニアとの信頼関係を築くことができるかどうかがとても大事。
簡単にいうと、技術的な経験があった方が、エンジニアとの信頼関係を築けやすいから企業はそこを客観的に見るために求めるよっていう話です。


以下学んだことの引用です。

エンジニアリングにどれくらい時間がかかるか、直感的にわかる。

良いプロダクトマネージャーは自分が担当している案件の技術的なフレームワークを理解し、チームの優先順位付けや、エンジニアリングにかかる時間とその作業が顧客に与える価値とのトレードオフを決めたりするものです。


いろんな仕事をこなし、自力でどうにかする。

優れたプロダクトマネージャーは行動指向が強く、結果を出すことに熱心です。データを集めでもプロダクトの誤字の修正でも、自分でできることは自分でしようとします。そうすることで開発者たちは退屈な作業から解放され、より価値の高い仕事をすることができます。


PdMってご存知ですか?
プロダクトマネージャーのことを示すんですけど、僕自身全然知らなくて、この本を読んで勉強してみました。



今回はそこで学んだPdMはどんなことをする仕事なのか、大枠を紹介していきます。

PdMとは何か


プロダクトマネージャー(以下PdM)の職責とは、チームが優れたプロダクトを出荷できるようにすることです。

ミニCEOと呼ばれることも少なくなく、プロダクトに対する全体的には責任を追うことを考えると間違いではないのですが、それではある重要な視点が抜けてしまっていて、それはチームのメンバーに対して直接の権限を持たないことです。エンジニアの上司ではないということですね。

なので一言でまとめると優れたプロダクトをリリースするために、直接的な権限を持っていないが、チームを率いる人がPdMってことなんでしょう。きっと。

あと、PdMは顧客側に立つ人です。顧客が求めていることを知り、それをプロダクトのゴールと機能に翻訳します。それから、その機能をきちんとまとめて適切にデザインされた形で組み込み、実際に顧客の課題を解決していきます。


PdMの働き


PdMの業務は日々変わります。初めは何を作るかを考え、中ごろではチームの進捗を助けます。そして最後はローンチの準備をするといった流れです。

プロダクトのライフサイクルは、たいてい①調査と計画→②デザイン→③実装とテスト→④リリース
というパターンに沿って進みます。そこでの役割についても紹介します。


調査と計画


PdMは顧客からのリクエストや競合の分析、新しいテクノロジーなどから次に何を作ろうか考え始めます。役割のスコープにもよりますが、この段階での仕事の大きな割合を占めるのが、ロードマップの作成や提案です。チームの長期計画をまとめて、明らかにする仕事ですね。


デザイン

ここは企業によっても大きく変わってくるところでしょう。例をあげるとMicrosftではユーザーの目に触れる部分に関する決定は全てPdMに任せたり、Appleでは専任のデザインチームがほとんどデザインを手がけます。


実装とテスト

エンジニアがコーディングを始めても仕事は終わりではありません。エンジニアが効率よく働けるようにプロジェクトの進捗管理と調整をします。そのほかにもプロダクトの初期バージョンに関するフィードバックの収集レポートも始めます。実施に使ってみると思ったのと違う・・・ってことがあったりするのでこの問題を発見するためにチームはユーザービリティの調査、実験、そして内部的な「ドックフーディング」を実施します。


リリース


開発のプロセスが完了したら、PdMはローンチをスムーズに進行させなくてはなりません。ローンチが成功したら、次のプロダクトにとりかかる準備をします。





今、仕事でブログを書いているんですけど、仕事で記事書くのってたいへんですね。。。

僕自身一応ブログは1年以上やっていて、他のブログも合わせると累計300本以上記事を書いているのですが、それでもめっちゃ大変。ライターさんは本当にすごいなって思います。

具体的に何が大変かって、個人ブログは基本的に何を書いてもいいので、このブログではもう今思っていることやオススメしたい食べ物、趣味の高校野球や銭湯など自由に書いていればいいのですが、仕事になると会社の代表として書かないといけません。

どういうことかというと僕が書いた内容=会社の考えになるんですね。

だから、内容もよく考えないといけないですし、誤解を与えないように言い回しとかもちゃんとしないといけません。(僕は文章を書く能力が低いので、めっちゃ苦労してます。。)

改めて、メディアを作って運用している方々はすごいなーって思いました。

まあ僕がやりたいと言って始めたことなので、しっかり記事を書いてブログを続けられるようにしていきます。

それでは。

(今日は早く寝て明日のリフレッシュな自分に張りたいと思います。おやすみなさい。)

ドラゴン堀江が今日終わりました。

結果は残念だったのですが、今回観ていて気になったのはコメント欄です。

というのもAbemaTVってまだまだ広告が少ないからなのか、CMはほとんど自社広告(AbemaTVの番組のCM)なんですね。
しかもそのCMの種類もめっちゃ少ない。今回の後半ではCMがとても多く、同じ内容のCMを10分おきくらいのページで流れていました。

正直なところこれが普通のテレビだったら、もうチャンネルを変えるレベルで不愉快。
最近、テレビも観ないし、YouTubeは課金して広告流れないので、特に不愉快に感じたのかもしれませんが、とにかくきつかったです。永遠と同じ内容の広告を見せられて拷問かなと思いました。

しかし、コメント欄を表示させたら、一気に印象が変わりました。
広告が少し楽しくなったんです。

具体的には高校生男女がカップルを作る的な番組のCMがあるのですが、その内容がりりかちゃんという人を男性陣が取り合うというもので、男性陣がみんな叫ぶんですよ。「りりかー」って。

もう何回目だよってくらい聞かされるんですが、そんな状況のなかコメント欄はどうなっているかというとこちらです。

IMG_8521
もうみんなりりかを待ってる。

そして広告と同様、みんな叫んでる。この一体感すごくないですか。
「俺もりりか好きな気がしてきた」
もはやりりかのこと好きになってますからね。

バルス的な何かを感じました。CMに入ったらみんな待機し、りりかと叫ぶ。
普通だったら不快に思うような広告でもコメント欄をつけることでエンタメになって、これは発明だなって思いました。

コメントでいうとニコニコとかヤフコメとかNPとかハッシュタグとかいろいろ成功事例?はあるので、この辺を調べて抽象化していきたいです。

ドラゴン堀江シーズン2楽しみですね。それでは。

最近LINEが苦手で、、、

特にグループLINEとかもうみるの諦めてます。
もともとLINEだけでなく、ほとんどアプリの通知を切ってるんですけど、そうするとめっちゃ溜まってて。。

だからといって、通知をオンにすると重要度問わず通知がくるので、それはそれでうざい。(あらかじめ重要度高いやり取りをしているところは通知オンにしてますが)

通知に左右される人生を歩みたくないと思うのですが、通知がないと追えなくなってしまうこの感じ。

あとグループだと自分に対して何かコメントされてるかなんて、ちゃんと読まないと分かんないじゃないですか。(一応@名前で、指定できるけどほとんどの人使ってないし)

スラックみたいにスレッド機能があればいいのになあってほんと思います。(まあスレッド問題はまた別件であるとは思うのですが)


チャットになってコミュニケーションのハードルが下がったため、最高だなあって思ってたんですが、最近悩まされてるっていう話でした。


まあ個人LINEは見るけど、グループLINEは基本見ないっていうキャラでいこうと思います。

あと世代によって、無視することに対する印象が違うんだろうなとも思いました。

それでは。

最近、ブログの調子が良いんですよね。
1年前に書いた記事がどんどん読まれているって感じです。

ブログはストックされるから財産になるよという話をよく聞くのですが、本当にそうだなって思いました。

ということで、今回はこのブログでよく読まれている記事トップ5を紹介していきます。
ランキングは3月のPVでみていきます。

5位

夜行バス利用者必見!東京での朝風呂なら「ひだまりの泉 萩の湯」が圧倒的にオススメ!!! : たっちーBLOG

夜行バスを使うのと困るのがお風呂問題。僕は名古屋→東京でよく夜行バスを利用するのですが、朝東京に到着してからお風呂に入ってさっぱりしたいじゃないですか。でも朝やっているお風呂って、銭湯かスパしかないんですね。銭湯はタオルが必要だったり、湯船が小さかったり



こちらの記事は鶯谷にある「萩の湯」を紹介した記事です。

このブログにも書いたのですが、「萩の湯」は銭湯なのに中身はスーパー銭湯に匹敵するもの内容となっております。地方のスーパー銭湯レベルで料金は460円。

また朝風呂をやっている点もいいですよね。僕は名古屋出身なので、よく夜行バスで東京に来ていたのですが、やっぱり朝風呂に入りたいじゃないですか。たから銭湯に行く人も多いと思うのですが、いわゆる銭湯って結構混んでたり、小さかったりしてゆっくりできないんですよね。身支度とか含めて。

じゃあ大きくてゆっくりできるスパはどうかと思うとめちゃくちゃ高いんですよ。2000円とか平気でかかる。

じゃあどうすればいいか。

答えは簡単です。萩の湯に行ってください。

4位

【検証】4種類の競馬新聞の印だけを頼りに馬券を買ってみた結果、、、 : たっちーBLOG

こんにちは、たっちー(@ktachiii)です!先日クリスマスイブに行われた競馬の祭典「有馬記念」では、1番人気キタサンブラックが有終の美を飾りました!皆さんは馬券当たりましたか?常に金欠な僕は、有り金全て使い果たし勝負しました。僕の本命だったシャケトラは僕の予



これは複数の競馬新聞を組み合わせて予想師の予想にのっかったら勝てるじゃね?っていう甘い考えで始めた企画ブログです。

結論、勝てました。笑

個人的にはこのレースに買ったタイムフライヤーがこのあと低迷するのですが、最近復活してきた感があるのが考え深いですね。

やっぱりこういう思い出に残るレースに勝った馬は活躍してほしいですし、血も残してほしい。
引き続き、応援していきます。

3位

鶏ちゃんって知っている?下呂でランチといえばここ!『甚呂』 : たっちーBLOG

こんにちは、たっちー(@ktachiii)です!下呂の温泉街にある「甚呂」というお店に行ってきました。入り口にはこんな看板が。下呂1位のB級グルメだそうです。メニューはこんな感じ。鶏ちゃんって何?鶏ちゃんが異様に気になる。ということで鶏ちゃん定食を注文してみました



この記事は下呂温泉に行った時のランチで食べた鶏ちゃんを紹介したものです。
これを書こうと思ったのは、この甚呂というお店の女将さんの一言からでした。

「うちは食べログでの評判もよくてね〜。」

そうなんですね〜と言いつつ、調べてみたら全然評価されてない。評価が悪いんじゃなく、そもそも認知されていない状態でした。

女将さんが見た評価は食べログではなく、グーグルの評価で、これも星は高かったんですが母数が少なく微妙・・・

こういう流れってなんか女将さんを応援したくなりますよね。
いわゆるスナックのママの余白的な。

ということで応援という意味でこちらの記事を書きました。またいきたいなああ。

2位

肉寿司食べ放題!? 「肉カフェ ロビコネ 名駅店」が控えめにいっても最高だった : たっちーBLOG

「肉カフェ ロビコネ 名駅店」に行ってきました!名古屋駅から徒歩3分くらいで着くところにあります!肉寿司とローストビーフが売りのお店ですね!名駅の近くということもあり、平日にも関わらず人気すぎて15時以降のディナーの時間帯は予約した人しか入ることができません。


これはシンプルに名古屋でそこそこ有名なお店の記事!

普通に美味しく、いい店だったので書きました!
映えを意識したようなお店なので、ググる人も多いんでしょう。よく読まれています。


1位

【ちょっとだけ贅沢したい人必見】スガキヤの高級版「寿がきや」に行ってきた : たっちーBLOG

店でも食べてみや〜ち家でも食べてみや〜ち名古屋といえばスガキヤラーメン世代を超えてスガキヤラーメンスガキヤラーメン〜こんにちは、たっちー(@ktachiii)です!僕はスガキヤラーメンが大好きです。美味いし、安い。たまーに食べたくなるんですよね。そろそろスガキヤ食


名古屋県民のソウルフード「スガキヤ」の高級版の記事。
東京に来てから、なかなか食べられてないので、早く名古屋に帰って食べたいなって思っています。

ちなみにこの寿がきやがある場所の隣にはスーパー銭湯があり、かなりおすすめ。
あの料金であのクオリティ。

東京ではまずあり得ないでしょう。

ぜひ、行ってみてください。

まとめ


僕が大好きな競馬と銭湯が上位にランキングしたのは嬉しいですが、上位3位全て食べ物系だったのは驚きでした。

引き続き、好きなことからあんま興味ないことまで適当に発信していきます。



「クソみたいな日」って誰にでもある。

でもそんな日でも、いつも通り成果を出すのがプロ。

社会人はプロフェッショナルでなければならない。

だから、頑張ろう。

「クソみたいな日に、いいもんつくるのがプロだ」

この言葉に救われる日々。




先日、お世話になってる人にオススメされてウォーキングデッドを見始めたのですが、もう止まらない。
見初めてから2週間ちょっとなんですけど、もうシーズン7が終わろうとしています。

7話目とかじゃなくて、シーズン7ですからね。
これを無料で見られるPrime videoは恐ろしいです。残り数分になると右下にサジェストされるので、ポチってしまいます。。

デザインがしっかりしてるあたり、Amazonらしい。

またウォーキングデッドってただのゾンビ映画ではなく、人らしさが描かれていて、本当に興味深い。

極限状態になった人間は、何を考え、どんな行動をするのか。

組織や家族、殺しに交渉。

本当に面白い。

僕の好きなシーンはここ。
IMG_8474

ここも良いですね。
IMG_8473


あとここも。
IMG_8474

(ん?なんか真っ黒。知らなかったんですけど、Prime Videoってスクショすると真っ黒になるんですね、、、なるほどなー。ちゃんとしてる。)

ということで、ウォーキングデッドがどういう人にオススメかというと、お金がなくて時間がある人、みんな。笑

もうみんな見た方がいいです。笑

だいたいAmazon Primeに入ってると思うので、無料で見られます。

ぜひ、見てください。

僕も無料で見られるシーズン8まで駆け抜けようと思います。

Amazon Primeに登録していない人は月額500円弱で登録できるので、ぜひ見てください!

それでは〜


居酒屋でよく見かける愚痴を言うサラリーマン。あれは本当にみっともない。

愚痴はその場しのぎにしかならず、本質的な解決に何もならない。
本当にびっくりすると思うよ。愚痴をこぼしたその瞬間はスッキリするかもしれないけど、次の日会社に行くと何も変わってないので。

自分の状況を変えることができるのは自分しかいない。
だからその状況から抜け出したいなら、誰かに愚痴を言うんじゃなくて、自分で状況を変えるような働きかけをしないと抜け出せない。

でも、辛くなっちゃう時もあるよね。

そう言う時は愚痴を聞いてもらい、その場をしのぐ。
んで、準備を整えて、行動しよう。

とにかく、自分次第。頑張りましょう。

人生ではじめて、お酒を飲みながら同僚と愚痴をこぼした自分に向けたメッセージでした。

変な(いい意味で)マンガを見つけました。


ダンジョン飯 1巻 (HARTA COMIX)
九井 諒子
KADOKAWA / エンターブレイン
2015-01-15




九井諒子、初の長編連載。待望の電子化! ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう!」スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!! 襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!
この手のドラクエ的なマンガが大好きでいろんなマンガを読んできた僕ですが、この内容には驚きました。

ひたすら、魔物を調理し、食べる。

ただそれだけのマンガ。

魔物を鍋にしたり、焼肉にしたり、天ぷらにしてみたりと、食べ方はさまざま。
ダンジョンを突破するのはもはやおまけです。

まだ僕が読んでいるところではドラゴンを食べていないので、どうやってドラゴンを食べるのか注目です。
あとどうやって終わるのか、オチも気になるところですね。
ぜひ、読んでみてください。