たっちーの日記

通勤の時間にサクッと読める記事書いてます。

先日「本とかもう音声で聞きたいよね〜。動画とか音声に慣れすぎて文章を読むのしんどいし、歩いている間は読めないし。」って会社の先輩と話していたのですが、Amazonがもうすでに本を聴くサービスをやっているんですね。

さすがAmazon!

そのサービスがこちら!
スクリーンショット 2018-11-10 23.38.57

Audibleは、Amazonが注力している本を音声で楽しめるサービスです。
人気作家のベストセラーから名作まで、プロの声優や著名人の朗読で楽しめます。


スクリーンショット 2018-11-11 0.51.19
「君の名は」とか「多動力」とかありますね。
これからもっと増えていきそうです。


Audibleを実際に使ってみた感想

やっぱり音声っていいですね。
歩いているときや満員電車の中など本を読むことができない環境でも、音声だと聴くことができます。
普段妥協して音楽を聞いたりしている時間を、より自分の為になる読書の時間に変えることができるのはかなり良いです。

しかもダウンロードをすれば、オフラインでも聞けるので、ネットが繋がらない地下などでも安心して使うことができます。

ただ音声ということで、声優さんによっては個人的に合わない声とかも出てくるのではないかなと思いました。

そうなったら、本の内容とは関係ないところが原因で本を読むことがきつくなってしまうのでちょっと残念。自分の好きな声とかに選べるとよりいいですね。


最大3000ポイントもらえるキャンペーン実施中です!!!

現在、聴けば聴くほどポイントがもらえちゃうキャンペーンを行なっているそうです。
無料で最大3000ポイントもらえちゃいます。

詳細は以下です。

◾️キャンペーンの参加方法


STEP1 30日間無料体験に登録。アプリをインストールする。

STEP2 無料期間中に本を聴いた日数に応じてポイントをプレゼント。

STEP3 チャンスは最大30日。最大1500ポイント(プライム会員は3000ポイント)を獲得。


無料体験期間にAudibleでボイスブックを5分以上聴けば50ポイント(プライム会員なら100ポイント)プレゼントになります。

そうするに30日間聴くだけで、50ポイント(100ポイント)×30日=1500ポイント(3000ポイント)ももらえちゃうわけです。

しかも無料期間中ですからね。

Amazonさん太っ腹〜。まあそれくらいこの音声市場を取りにいきたいんでしょうね。

ということで、音声サービスに興味があったり、本を聴く体験をしたい方は、最大3000ポイントももらえちゃいますし、ぜひ無料体験をしてみてください!

Audibleに登録する






僕は昔から、運動をやっても普通、勉強をやっても普通、音楽をやっても普通でした。
いわゆる才能がないただの凡人。

得意な何かを持っている人のことを見て、いつも自分と違って才能があって羨ましいって思っていました。
この本を読むまでは。

才能の正体 (NewsPicks Book)
坪田 信貴
幻冬舎
2018-10-17



こちらは、ビリギャルで有名な坪田先生の著書「才能の正体」です。

坪田先生は才能は誰にでもあると言っていて、才能とは、いったい何なのか?才能とは、どう見つけて、どう伸ばしていけばいいのか?といった内容がこの本に書かれています。


結果を出して、そのときに初めて「才能がある」という状態になる


自分に合っていない、ふさわしくない場所でいくら頑張っても、物事は身につきません。
「才能がある」と言われている人たちは、”その人に合った”動機付けがまずあって、そこから”正しいやり方”を選んで、”コツコツと努力”を積み重ねている。
そしてきっちりと結果を出して、そのときに初めて「才能がある」という状態になる。正確に言えば、「才能がある」と言われるようになる。

僕たちは才能がある人って生まれた時からそのような能力が備わっていると思っています。
しかし、才能があると呼ばれている人は、結果を出した時にはじめて「才能がある」と言われるようになります。

これっておかしいですよね。

才能があると言われている人が結果を出すまでは、才能があると言われない。
ということは、結果が全てということです。

そして結果は、正しい方法で血の滲む努力をした方が良い結果が出やすいのは当たり前です。

要するに才能そのものは、正しい努力によって生まれるということなんです。

才能があると言われている人は、努力をし、結果を出した人のことです。


最後に

この本の目次はこんな感じです。

第1章 「才能」とは何か?

第2章 「能力」を「才能」へ

第3章 「才能」マネジメント

第4章 「才能」と「成功者」、「才能」と「天才」

誰もが持っている能力を「才能」があると言われるように伸ばす方法が書かれていたり、その育て方などが書かれているので、僕のような普通コンプレックスを抱えている人はぜひ読んでみてください。

僕自身は、これから自分の能力を信じて、正しい努力をしていこうと思います。
才能がないからって思考停止するな。手を動かそう。

才能の正体 (NewsPicks Book)
坪田 信貴
幻冬舎
2018-10-17


アイデアを考えるための道具(=考具)について書かれた本である「考具」を読んでいたら、面白いものを発見しました!

それはカラーバス効果です。
800px-カラーボール_(8309686367)

今回はカラーバス効果について書いていこうと思いますので、もしアイデアを考えるのが得意ではない人とかは参考にしてみてください!

カラーバス効果

カラーバスとは、注目する視点をいつもと違うジャンル絞ると発見の幅が広がることを教えてくれる考具です。
具体的には「今日のラッキーカラーは赤だ!」と決めます。そしていつものように街を歩いてください。

すると「今日は赤い車が多いな」と何だかよくわからないけど妙に赤いクルマが目につきます。
そのほかにも赤い広告が目に入る。これがカラーバス効果です。

普段目には入っているけど、全く気にもしないものが、カラーバス効果を利用することで、情報としてインプットされるようになります。

大概がすぐにアイデアとして使えるものではないですが、たくさんインプットすることで、結果的に質の高いインプットにも繋がりますし、組み合わせなどによってはアイデアとして使えるものが出てくると思います。

インプットがなければ、アウトプットとしてのアイデアは浮かびません。

なので、カラーバス効果を使って、普段の日常をアイデアのためのインプットに変えていきましょう!



「集計業務が地獄すぎる。これは人間がやることじゃないです。」と上司に話したら、自動化したら?って無茶振りされたので、成長の機会だと思ってPythonの勉強をはじめました。

まずはProgateからスタート!

まずはProgateからスタート。そもそもPythonがどんな言語で、どんなことができるのか分からないそんなレベルからのスタートです。

独学でどれくらいできるようになるか・・・!
とても楽しみです。頑張ります!

ちなみに現在、じゃんけんゲームを作っていますが、まだ業務効率にどう生かせるのかあんまりイメージできてないです。(ただひたすらセンスがない)
業務効率化までまだまだ先は長そう・・・

そんな感じで、プログラミング初心者である僕ですがPythonをゼロから独学で勉強して、業務に活かすという挑戦をはじめてみました!

また実際にできるようになったら勉強方法のノウハウ等を共有していきます!

それでは今からProgateの続き、頑張ってきます!

独学は厳しい・・・そんな人には!

色々調べて分かったんですが、独学が厳しい人には以下のようなオンラインのプログラミングスクールがオススメみたいです。
もし独学は難しいけど、プログラミングを学びたい人がいらっしゃいましたら参考にしてみてください!

それでは!

IMG_7838

タッキーがプロデュースしたジャニーズJr.のSixTONESのMVが公開され、とても話題になっているようです!


個人的にもSixTONESは思い入れのあるグループで、初めて知ったのは僕が高校生の時見ていた私立バカレア高校っていうドラマ。

このドラマは、確かジャニーズJr.とAKBの研究生かなんかがコラボするといった感じで、当時少しだけ話題になっていたので僕も見ていました。AKB側はぱるるがいた気がします。

調べてみたら2012年なので、もう6年とか経ってるんですね。恐ろしい・・・
9999203801292_1L
しかも映画もやってたとは。


そのドラマに出ていたジャニーズ側がこのSixTONESのメンバーでした。
ドラマが終わった後もジャニーズJr.のエリート街道を通っていたこのメンバーがいつデビューするのか、同世代ということもあり、とても気になったので、定期的におっていたのですが、ドラマが終わった後もバカレア組と呼ばれて人気もあったっぽいのに、なかなかデビューできずアイドルの世界って大変なんだなあって思ってました。

そんな彼が遂にタッキープロデュースでMVを公開。
デビューしたわけではないですが、本当にめでたいです。

こうやってジャニーズはJr.の頃からファンも同時に育てているんだなあ。
とても勉強になる。

まあ引き続き、デビューまで応援していきたいと思います。




ONE MEDIAの明石ガクトさんの本「動画2.0」を読みました!

この本を読んで、今まで動画は消費する側でしたが、生産する側になることを決めました。
動画コンテンツを作っていきます!

三浦さんもおっしゃっている通り、既得権益(TVなどの映像)の人間からすれば脅威であり、これからのクリエイターからしたらチャンスである動画市場。

今まで動画のコンテンツを作る側って文章を書くよりもハードルが高いと感じて避けてきました。

しかしYouTubeやインスタ、TikTok、SHOWROOMなどを考えると、これから伸びないわけがない。
TikTokなんかアプリをダウンロードした人の66%が動画を投稿しているらしいですよ。
見るだけでなく、配信も当たり前になって、より動画が身近になっている。

こんなに伸びている可能性しかない動画市場から逃げるわけにはいきません。
チャンスが目の前にあるのに、ただ消費者側でぼーっと見ているなんでただのアホです。

ということでどういう形で動画に携わるか分かりませんが、動画を作る側として活動していきます!


YouTubeをやるのか、SHOWROOMをやるのかまだ何も決めてません。でも何か必ずアクションを起こします。
日々の日常をコンテンツ化したいのでVLOGとかやりたいかな。


自分しか生み出せないクリエイティブを探し当てる旅をする。
ぼちぼち始動していきますよ!



近年東邦高校は最終回になると異常に強くなる傾向があります。
この傾向が始まったのは、2016年の八戸学院光星戦から。

9回に5点を入れ、サヨナラ勝ちしたあの試合です。



確かにいい選手が集まっているのは、間違いないです。
でもそれにしても強すぎる。

ここから考えられることは、人間って思い込みがとても重要で、パフォーマンスに大きく左右するのではないかということです。

東邦高校でいうと、3つの思い込みがこのような結果をもたらしていると思います。

  • 東邦高校:自分たちは逆転できるチームだ!
  • 対戦相手:東邦高校の最終回は気をつけろ!
  • 観客:東邦の最終回は何かが起きる!その瞬間を見てみたい!
こういう思い込みがパフォーマンスに影響を与えているのです。


したがって、僕たちも何かをやる時に「絶対に成功する。」「自分ならできる。」と思い込むことが大切です。そうすると今まで以上に力を発揮し、大きな成果を出すことができるかもしれません。


ポジティブに自分を洗脳する。


東邦高校のように思い込みを力にして成果を出していきたいです。
もちろん実力がなければ、発揮できる力が限られてくるので実力も同時につけていきます。

先日コンフォートゾーンから飛び出す大切さを書きました。

関連記事:コンフォートゾーンから抜け出すメリットを紹介します!

僕自身もコンフォートゾーンの外に出て、いろんなことに挑戦し成長していきたいと思っているので、実は毎月何か新しいことに挑戦しています。

9月は地方、10月は動画編集と挑戦しました!

どちらも苦手意識のあったものだったので、だいぶ大変でしたが、そのぶん得られたものは多かったです。

こういった挑戦をし続けることで、新たな気づきであったりだとか、能力の向上に繋がるので引き続き続けていきたいです。

ということで、今月新しく挑戦するのは、Python!
会社の業務でめちゃくちゃ時間がかかるものがあるので、Pythonを勉強して自動化していきたいと思います!
時間削減!!!!


学んだこととか、Python関連の記事も書いていこうかな。
11月は、プログラミング頑張ります!

それでは!

名古屋に帰るタイミングで、なるべく多くの銭湯やスーパー銭湯に行こうと思い、RAKU SPA GARDEN 名古屋に行ってきました!!!

感想を一言でいうと、エンタメに振り切ってるな〜という印象で、とても良かったです!

こういったスパ施設が名古屋にも少しずつ増えてきましたね〜

まあ強いて言うなら銭湯ももう少し盛り上がってほしいところ...!
スーパー銭湯の発祥地である名古屋では、銭湯よりもスーパー銭湯という文化が根付いてるんでしょうね。

ひたすらオシャレな空間!


FullSizeRender
テントがあります!この中で本を読みながらゆっくりするのは最高の気分転換になります。


IMG_7758
色んな本があったり、オシャレな内装!


IMG_7757
写真が微妙ですが、プラネタリウムの岩盤浴です!


IMG_7761
ここではお酒が飲めちゃいます!


IMG_7764
こんなにもビールの種類が!!!
(スマホから写真をあげると画質が、、、LINEさんなおして、、、)



IMG_7762
もちろん休憩スペースもありますし


IMG_7763
漫画も豊富


風呂以外でこんなに楽しめるコンテンツがあるのはすごい。
一日中遊べちゃいますね!

サウナ

サウナは80度〜90度くらいの温度で、Max40人近く入る大きさでした。とても綺麗で、テレビもあります。

水風呂は17.5度とかだった気がします。
水風呂も広く、水風呂で効果があるかは分かりませんが炭酸泉でした。

サウナは広い分温度がもう少し高くてもいいのかなという印象でしたが、外気浴スペースもあり、休憩スペースも充実しているので、整うのは間違いなしです。

料金は?

料金は以下の通りです。
FullSizeRender
FullSizeRender

詳細はHPで確認してください!


Wi-Fiもあるので、今度はPC持ち込んで仕事しに行きたいですね!

センスのいらない経営を読みました。



■内容


個人の嗜好や興味を分析し、それぞれに合ったニュースを届けるアプリ「グノシー」。
学生の開発から始まったサービスは急速に普及し、累計ダウンロード数は2400万件を突破した。
類まれな成長を支えるのは、徹底したテクノロジー戦略。
あらゆる分野にテクノロジーが浸透していく中、経営に必要なのは「経験知」や「勘」、つまり「センス」ではない。
テクノロジーを正しく理解し、「数字」や「データ」といった真実だけを告げる指標を見極める力だ。
そしてそれはIT業界に限った話ではない。テクノロジーの進化は、あらゆる分野の競争環境を変えていく。


■目次

第1章・・・「テクノロジー×ビジネス」の視座い

第2章・・・「センスのない会社」の経営戦略

第3章・・・「やりたいこと」で社会に接地する

第4章・・・「不確かな世の中」を生き抜く思考

第5章・・・「エンジニア的人材」になる


といった内容になってました。


経営者の本をよく読む人は分かると思うのですが、今まで成功してきた日本の経営者の本を読むみると、だいたいトップの人の圧倒的なセンスと熱量の掛け合わせてで困難を乗り越え、成功してきたみたいなストーリーばかりじゃないですか。

謎の勝負どころで勝負して、結果的に成功しちゃったりする。
いくら本を読んだからといって、あの天才的なセンスを一般人の僕らが身につけることは不可能。

しかし、これからの時代は違います。
センスがなくても、成功できる。

エンジニア的人材になればね。

この本は、そんな内容が書かれています。


テクノロジーの本質は「再現性」
人間から人間へと技術を伝承するには、量、質ともに限界はあります。例えば、大工や料理人など、職人の世界で実現される再現性は、せいぜい数人〜数十人です。それに師匠の技術を丸ごとコピーすることは不可能でしょう。一方でテクノロジーの再現性には数的な制限がなく、かつ再現性の制度もほぼ100パーセントです。

人間の仕事は適切なデータと目的を与えること
機械は与えられた目的に見合う正解を自動的に見合う正解を自動的に、最大化して出すことができますが、目的の設定はまだ人間にしかできません。機械の領分がどんどん増やしている時代だからこそ、機械の気持ちになって、適切なデータと適切な目的を与えてあげることが人間の重要な仕事なのです。

失敗を失敗と分かることが大切

大事なのは、失敗しないようにすることではなく、失敗を失敗と分かり、そこから学習することです。よく言われることですが、私たちなりに言い換えると、統計的に考えて「正しい評価」を下すということです。

エンジニアリングとは

エンジニアリングとは、テクノロジーのスキルを用いて問題を解決すること。エンジニアとは、自ら課題を見つけ、自分のスキルを使って問題解決できる人を指します。


こんな感じの内容がかかれているので、気になる人がいましたらぜひ読んでみてください。
僕は具体的なアクションとしては、今運用しているエン転職の課題を見つけ、解決しようと取り組んでいきたいと思います。

そこで上手く行かなくても、データを見て、正しい判断をし、改善していきたいです。
そうして少しずつエンジニア的人材になっていきます!!!








中京大中京の1年生投手の高橋宏斗くんが東海大会で大活躍!!!

■高橋宏斗くんプロフィール


  • 尾張旭中→中京大中京(現1年生)
  • 中日ドラゴンズjr.#6
  • 豊田シニア#1
  • Max146キロ右腕
  • 身長:184cm
  • 体重:75kg


初戦の静岡高校戦では、6回から2イニング投げ、最速146キロをマーク。
準々決勝の菰野高校戦では、ピンチを三振で切り抜け、流れを作りサヨナラ勝ちに大きく貢献。

そして高橋くんは球が早いだけでなく、メンタルも半端ない。

今年の夏の準々決勝でもノーアウト満塁で一点でも取られたらコールド負けが決まる場面で登板し、無失点で抑えました。

ここぞという時に抑える姿をみると、大きな器を感じます。
これは大物になる予感...!!!

注目の逸材です!
高橋監督になって初の選抜まであと一勝。
応援していきましょう。

僕は意識して定期的にコンフォートゾーンから抜け出すことを決めています。

なぜなら自分にとってメリットが大きいから。

ということで、今回はコンフォートゾーンから抜け出すメリットを紹介します!


そもそもコンフォートゾーンとは?

コンフォートゾーンとは、簡単にいうと不安にならない範囲のことを表します。

通勤する。ツイッターを眺めるなど、いつもやっていることを想像してみてください。
不安になったり、心配になったりしないですよね。
それはコンフォートゾーンの中だからです。

逆にコンフォートゾーンから抜け出すと、とても不安になったり、恐怖を感じたりします。

非日常なことに挑戦しようとすると不安になったりするあれです。

僕がコンフォートゾーンを抜け出したなって感じた実例をあげるとこんな感じ

  • 名古屋から四国、九州までヒッチハイク
  • 地方創生系のプロジェクトに参加
  • ヒップホップカルチャーの強いRedBullで働く
  • 無経験での音楽イベントの主催

【関連記事】
ヒッチハイクの旅1日目「名古屋→福岡」
「KINAIYO!」少しだけ地方が好きになったかも。

僕と話したことのある人だったら分かると思うのですが、どれも苦手だったり、嫌いなことでした。
だからこれらを経験している時は、不安でいっぱいでしたし、とてもエネルギーを使いました。


IMG_3239 2
コンフォードゾーンから抜け出した思い出の一枚


コンフォートゾーンを抜け出すメリット

これだけ聞くとコンフォートゾーンから抜け出すことは、ただ心身共にボロボロにすることだと思ってしまうかもしれませんが、それは違います。ちゃんとメリットがあるので紹介していきます。

■自分の世界を広げてくれる


コンフォートゾーンを抜け出すと、今まで自分の中にはなかった価値観に触れることができます。
僕の場合、地方やヒップホップのことを愛している人たちのお話をたくさん聞くことができ、それらの見え方が180度変わりました。

自分の知らない価値観や世界に出会うことができ、楽しみも増えますし、考え方の幅も広がる。

自分がその価値観等に賛同していなくても、理解しているのとしていないのとではアウトプットも変わってきます。

コンフォートゾーンを抜け出すことは、自分の狭い世界を少しずつ広げてくれる効果があるのです。

■チャンスを掴むことができる確率がぐっと上がる

コンフォートゾーンを意図的に抜け出していると新しいことへチャレンジするハードルを下げることができます。

これは堀江さんもおっしゃっていて、堀江さんは年に数回は新しいことにチャレンジをすることを決めているそうです。
最近だとR-1出場とか挑戦してましたよね。

なんで堀江さんは新しいことにチャレンジするのかというと、いくつか理由はあると思うのですが、一つが新しいことにチャレンジすることが怖くならないようにするためと言っていました。

チャンスを掴むためには、挑戦し続けないといけません。
でも挑戦ってエネルギーがとても必要なので避けてしまいがち。

だけど普段からコンフォートゾーンを抜け出すことをしている人は、挑戦することに対してハードルが下がっているので挑戦しやすくなります。

挑戦すれば必ずしもチャンスを掴むことができるわけではないが、挑戦しないとチャンスは掴めません。

そのためにも挑戦へのハードルを下げることは大切です。

新しいことに挑戦することが苦手だなと思っている人は、チャレンジすることを習慣化させるためにコンフォードゾーンから抜け出すことを意識するといいかもしれません。

小さいことからやっていきましょう!!!


最後に

コンフォートゾーンから抜け出すことは簡単ではないです。
ダンスをやってみるとか歌ってみるとか釣りにいくとか小さなことからはじめてみることをオススメします。

これらをやることって好きな人からしてみると簡単ことだと思うかもしれませんが、やらない人からしたらめっちゃ大変なので、コンフォートゾーンから出てるわ〜って実感すると思います。

僕も頑張ります。共に頑張りましょう!


あと調べてたら、RedBullの記事があったので貼っておきます!

コンフォートゾーンから抜け出す方法

今年は少し自分を成長させたいと考えているなら、自分を枠の外へ出す必要がある。英国人冒険家がその方法を教えてくれた。